QLOOKアクセス解析

キリスト教の葬儀では火葬後に「追悼ミサ」又は「記念式典」を行う!




Sponsored Link

海外映画の埋葬シーンに見られるように、キリスト教の考え方が広く浸透している地域では、遺体を土に埋める土葬を行う風習が根強く残っていました。

しかし、近年は伝染病のまん延を予防する目的で遺体を火葬することを進める地域が増加しています。日本では明治政府が火葬を推進して以来キリスト教徒の葬儀でも火葬が行われるのが一般的になっている!

また、キリスト教の葬儀は基本的に土葬を前提として行われるのでカトリックやプロテスタントには、火葬の儀式や遺骨を迎える儀式、遺骨を祭壇に飾るといった慣習は存在しません!

Sponsored Link

国内のキリスト教は信者獲得の為、国や地域の慣習を取り入れた歴史がある

近代キリスト教の教えは「強要」ではなく「共存」という考え方が根本にあり、火葬を推進している日本では仏教や神道などの慣習を取り入れたため、火葬前に炉前で儀式「最後の祈り」が行われるようになりました。

火葬後に行われる儀式(キリスト教)

火葬場では、カトリックやプロテスタントに限らず炉の前に集まり用意されている祭壇に遺影を飾り、神父または牧師が聖書を朗読した後、献花と聖歌もしくは賛美歌を斉唱を行ってから炉に火が灯される!

火葬後は遺骨を一旦遺骨を自宅へ安置して日を改めてお墓へ埋葬する

国内の法律(墓地、埋葬等に関する法律)では埋葬の仕方を「火葬」もしくは「土葬」のどちらを選択してもよいと規定されていますが、感染症の病原体に汚染された遺体は火葬しないといけなかったり、東京都や大阪府およ名古屋市などは条例で土葬を禁止しています。

また、他の自治体も公共の火葬場を整備していて、遺族が土葬よりも火葬を選択しやすい環境が整っているのも火葬が広まる要因となっている。

Sponsored Link

なので、元々は土葬を行っていたキリスト教の葬儀も火葬を希望する遺族が増え、火葬を終えるといったん自宅へ遺骨を安置して、後日お墓へ納骨するように変わってきています。

仏教葬儀で行う「精進落とし」に似た儀式はないので、
会食の場を設けて酒食を提供するのは自己判断となります。

キリスト教の葬儀では、仏教葬儀の精進落としや神道の直会といった儀式はありません!神父・牧師や世話役および関係者の労をねぎらうのであれば、事前に葬儀スタッフと打ち合わせをすませてから会食の場を設け酒食でおもてなしをすることがほとんど!

なお、通常は酒類は出さずに茶菓子でもてなす茶話会を開くのが一般的です。

葬儀後は仏教の法要に似た「追悼ミサ」と「昇天記念式典」が行なわれる

海外のキリスト教では葬儀を終えるとグリーフケアといった専門の心理カウンセラーによる手厚いサポートを受け、親しい人の死の悲しみを受け入れるためのカウンセリングを行いますが、日本では仏教葬儀の法要にあたるものとして亡くなってから7日を過ぎるとカトリック系では「追悼ミサ」が行なわれ、プロテスタント系では50日後に「昇天記念式典」を行う遺族が多い!

追悼ミサや昇天記念式典では、教会の献花台に花を飾ったり、聖書朗読や聖歌もしくは賛美歌を斉唱を行い、祈祷します。

カトリック系の火葬儀式
カトリックの教えでは、キリストを信じることで永遠の命を復活の道へ救われるという考え方が根本にあります。

儀式は炉前に安置された棺の周りを生花で飾り、神父が葬儀に合わせて選んだ聖書の箇所を朗読し、聖歌を斉唱した後に献花をします。献花の順に決まりはありませんが一般的には喪主を始めに縁の深い者から順番に行う
プロテスタント京の火葬儀式
プロテスタントの教えでは、死を明るいものと捉えており、故人の死は天国で再開するまで短い別れに過ぎないと考え、亡くなると天に召され神に仕える物となるので、祈りも紙に対して捧げるのが一般的!

儀式はカトリックと同じで、棺の周りを沢山の生花で飾り、聖書朗読・賛美歌斉唱・献花をする。献花の順も決まりはないが喪主を始めに縁の深い者から順番に行う
    

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ