QLOOKアクセス解析

納得!仏壇を購入するときは寸法・予算・宗派の3つのポイントを抑えて!




Sponsored Link

新しい仏壇を購入する、もしくは古くなった仏壇を新しく買い換える場合、「仏滅や友引の日は縁起が悪いから避けたほうがよい」「故人の命日から数えて四十九日の忌明け法要迄に用意する」など、あたかも仏壇を準備する期間が定まっているかのような口調で話をする人がいますが・・・ 実際には仏壇を準備する期間に決まりはなく、何時でも好きなときに自由に自分で購入日を決めても大丈夫です。

また、地域によっては「亡くなった人がいないのに仏壇を購入すると身内の誰かが亡くなる」とか「うるう年に仏壇を購入するのは縁起が悪い・・・」などの俗説があるところも存在するようですが、全て迷信で仏壇の購入日との因果関係は全くありません!

仏壇を購入することは、新しい家を建てる事と同じお祝い事となるので、縁起が悪いどころか縁起が良いことなんですね!

Sponsored Link

設置場所の「寸法」、購入時の「予算」、信仰している「宗派」のチェックを忘れずに!

「仏壇を買おう」と決めたら、一番最初に着目したいのが設置スペースの寸法確認です・・・、意外と見落としがちなので注意して下さいね(汗)

仏壇を設置場所の高さ・幅・奥行き等の寸法をしっかりと測って!

持ち家であらかじめ居間や仏間が用意されているのであれば、設置スペースの高さや幅、奥行きなどをキチンと計測して下さい!特に仏間に設置するのであれば、内側の寸法についてしっかりと計測しておき、購入する仏壇が仏間からはみ出ないように確認すること!

アパートやマンションなどの賃貸住宅で、居間や仏間がなければ、普段家族が集まる場所に仏壇を設置すると良いでしょう!最近は、アパートやマンションの部屋の間取りに合わせ、モダンな造りの仏壇やスペースをとらないミニ仏壇が相次いで登場しているので、これまでのように、自宅に居間や仏間がないからといって仏壇の購入を諦める人が減ってきています。

なお、ほとんどの仏壇は観音開きで両側に扉が開くタイプとう点にも着目しておくように・・・設置場所は確保できたのに、いざ設置してみて仏壇の扉が開かなかったなんて話も実際にありますから(汗)

いくらまでなら支払えるのか・・・あらかじめ予算の上限を決めておく!

これまた、仏壇の購入時に多い問題で、前もって購入予算を決めてなかった為に、仏具店の営業トークにまんまと乗せられ、100万円相当の仏壇の契約を申込んだり、必要のない仏具までオプションで購入させられたというケースが多々見られます(汗)

そのようなことにならないように、あらかじめ支払える上限を決めておくこと!なお、仏壇や仏具の価格はピンからキリまであり、仏具ひとつとっても1,000円から数百万円することも・・・

通常であれば、仏壇と仏具一式セットで25万円~100万円の範囲で予算を組むと納得のいく仏壇・仏具を揃えることが出来るでしょう!

費用のバランスは仏壇の価格が約7割、仏具の価格が3割と考えておいて・・・

なお、ほとんどの仏具店では、仏壇に表示されている値札は仏壇本体のみの値札である場合が多く、中に飾る仏具は別料金となる場合が多いようです。また、仏壇と仏具がセットと表示されている場合、セット内容の確認は忘れずに行って下さい!

Sponsored Link

信仰している宗派によって揃える本尊・両脇仏および仏具の種類が違ってくる!

仏教は多神教ということもあり、信仰する宗派によって仏壇に安置する本尊や両脇のホトケ様が違っていたり、用意する仏具も異なります。

自分の家がどの宗派を信仰しているのか確認することはとっても大事なことなんです!なお、宗派別の本尊と両脇仏についてはコチラの記事を参考にして下さい!

ちょっと待って!!!仏具店に行く前の直前チェックは済みました?・・・

  • 仏壇設置場所の高さ・幅・奥行きなどの寸法確認
  • 予想外の出費を避けるため、あらかじめ予算の上限を決めておく
  • 意外と忘れがち(汗) ご自分の信仰する宗派って知ってます?分からなかればお世話になっているお寺に問い合わせてみること!

購入後もしっかりとサポートしてくれる仏具店を選ぶこと

仏壇は、子や孫の代まで使うことを前提に購入を検討するのであれば、仏壇の洗濯や修理などのメンテナンスもしっかりと整っている仏具店を選びたいものです。

安売りや、見切り品の展示品に出品されている仏壇を購入するのであれば、購入後のサポート体制がしっかりとしているのか販売担当者に、しっかりと確認するように!

なお、信頼できる仏具店を見つけるにはできるだけ多くの仏具店に足を運び、その店の営業マンや仏具職人に話を聞いてみること!

ほかにも、お住まいの地域で何年も仏具店を営んでいるお店や、お寺が利用している仏具店などは、価格について少々値がはりますが、購入後のサポート体制が整っていることが多く見受けられます!

仏具店選びにかかせない5つのポイント

  • 住んでいる地域で長く仏具店を営んでいる

    仏具店に限らず、ひとつの地域で長年お店を営むということは、住んでいる地域の人々から信頼されている可能性が高い
  • 仏壇や仏具をていねいに取り扱っている

    店内に陳列されている仏壇や仏具がキレイに掃除してあったり、整理整頓されている
  • 仏壇についての知識が深い店員が少なくても1人はいる

    意外と見落としがちなのが、仏壇お加工・宗派ごとの仏具の違いについて知っている店員の有無についてもキチンとチェックすること!販売する商品の事を知らない店員から買いたいとは思いませんよね?
  • 購入後のサポート体制が整っている

    仏具店のなかには販売専門の業者も少なからず存在します。仏壇を子や孫の代まで長く使おうと考えているのであれば、購入後のサポート体制が整っている仏具店を選ぶことです。
  • 1軒のみではなく複数の仏具店に足を運んで店員の話を聞き情報収集を行うこと

    仏壇は一生の内に何度も買う商品ではありません!購入後の後悔しないためにも、1軒の仏具店で購入を決めるのではなく、複数の仏具店に足を運び店内の雰囲気や店員の人柄・購入後のサポートなどを比較して仏壇の購入を決めること!
Sponsored Link
    

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ