QLOOKアクセス解析

神道は「祖霊舎」、キリスト教は「家庭祭壇」を準備して拝礼や祈りを行う!




Sponsored Link

仏教では家庭内に仏壇を設置してホトケ様・故人・先祖を供養するのが習わしですが、神道やキリスト教では仏壇ではなく、それぞれ独自の祭壇を準備します。

神道では家の守護神となった故人や先祖を祖霊舎に祀り拝礼を行う!

神道では、故人や先祖を供養するといった仏教の考え方とは違い、息を引き取った故人や先祖は守護神となり、残された家族や子孫を守り続けていくと考えられている!

その為、供養を行う仏壇ではなく神道独特の祭壇である祖霊舎を家庭内に設け、故人や先祖の霊が鎮まる霊璽[:レイジ]を納めます。なお、霊璽は御霊代とも呼び、仏教でいうところの位牌にあたるもので霊璽の表には故人の霊号(仏教でいう戒名を指す)を、裏面には帰幽(亡くなった年月日と年齢)を記します。

Sponsored Link

祖霊舎を準備する日に決まりは無いが、故人の命日から数えて五十日以内に用意することが多い!

祖霊舎を準備する期間に決まりはありませんが、ほとんどの場合、故人の命日から数えて五十日前後に祖霊舎を用意する家族が多い!

これは、命日から数えて五十日目に、仏教の忌明けにあたる五十日祭が行われる日程に合わせて祖霊舎を購入する傾向が高いからでしょう!

五十日祭当日は、清め祓いの儀の後に続けて霊璽を祖霊舎に移して拝礼する合祀祭の儀式を行います。その時、祖霊舎には先祖の霊が宿るとされる神鏡や神具(水器・土器・灯明具・御神酒徳利・榊立て)を納めます。

祖霊舎には、毎朝、新しい水をお供えして灯明(ロウソク)を点け拝礼を行いますが、義務ではないのでご自分の出来る範囲で行って下さい!

祖霊舎

標準的な神道の祭壇で、伊勢神宮の祖霊舎と同じ材質のヒノキを使って作られている。

祖霊舎(神道)

[画像参照:祖霊舎:ハセガワ仏壇]

キリスト教は教会で祈るのが基本なので本来自宅に祭壇を置きません!

キリスト教では、カトリック派やプロテスタント派も礼拝の場は教会が基本なので、本来家庭内に祭壇を設けて供え物をささげる習わしは存在しませんでした。

しかし、日本のキリスト教信者は仏教や神道などの影響を少なからず受けているようで、自宅に祭壇を設けイエス様やマリア様を信仰したり、故人の霊に礼拝を捧げる信者も多いようです。

いっぽうで、祭壇を設ける代わりに机やタンスの上に十字架と故人の写真を置き、故人の好きな食べ物やお花を飾る信者もいます。

キリスト教自体が家庭内に祭壇を設けることに関与していないので、基本的に祭壇を準備する時期や祭壇のカタチに決まりはなく自由に選ぶ事が出来るのも仏教や神道とは異なっている!

家庭祭壇(チェリーライト)

仏壇タイプの祭壇でインテリア家具のようなデザインで和室や洋室に調和するデザインとなっています。


家庭祭壇:チェリーライト(キリスト教)

[画像参照:チェリーライト:金宝堂]
家庭祭壇(ルント)

仏壇タイプの祭壇で今風のデザインで和室や洋室に調和する造りとなっていて、手元供養を希望する方の利用が多い

家庭祭壇:ルント(キリスト教)

[画像参照:ルント:仏縁堂]
家庭祭壇(Prism)

手元に置けるオープン型の小型仏壇タイプの祭壇で斬新的なデザインとなっており、手元供養を希望する方の利用が多い


家庭祭壇:Prism(キリスト教)

[画像参照:Prism:e-Butudan]
Sponsored Link
    

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ