QLOOKアクセス解析

精進落としの挨拶は関係者へ葬儀終了の報告と感謝の気持ちを述べる!




Sponsored Link

ひと昔前の日本では、家族や親族などひとつの家で生活を共にする近親者が亡くなると、命日から数えて49日間は肉や魚といった生き物を口にせずは野菜や根菜・豆などを食べて過ごしていたようです。

精進落としとは、肉や魚などを食べる通常の生活に戻る為の料理のことで、本来、四十九日法要を終えた後に関係者にふるまわれていました。

ただ、現在は肉や魚などを使った料理も四十九日法要を待たずに出されるようになっていて、精進料理の捉え方も「通常の食事に戻る」といった考え方よりも「関係者を感謝の気持でもてなす会食の席」といった意味合いが強くなっているようですね!

実際、火葬場から戻った僧侶や関係者が還骨法要を終えるタイミングを見計らって会食の席を設け「精進落とし」を行なうのが一般的となっています。

Sponsored Link

精進落としで行なう挨拶の内容については、①:葬儀・告別式の終了の報告と感謝②:故人や遺族がお世話になったことへの感謝と慰労③:宴席への案内の3つの要素に分けると考えがまとまりやすい!

挨拶の内容は、喪主がねぎらいの言葉やお世話になったことへのお礼をします

精進落としの挨拶では、葬儀が無事に済んだことを報告、続けてお世話になったことへの感謝と慰労を述べ、会食の席への案内を行います。挨拶の内容には、先ほど挙げた3つの要素に加え、故人の思い出や、葬儀後の遺族の心情、今後の助力へのお願い等を加えてもかまいません!

また、宴が開始すると、喪主及び親族は宴席に座っている方ひとりひとりに酌をしながら労をねぎらいます。

お開きの挨拶は頃合いを見て簡潔に済ませます!

会食の時間は、開始後1~2時間程を目安にお開きにするとよいでしょう!出席者のなかには、席を立つタイミングがなかなかつかめない方も少なからずいるので、あらかじめお開きの時間を決めておき頃合いを見て終わりの挨拶を行なうようにします。

Sponsored Link

    

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ