QLOOKアクセス解析

遺品整理:実家の片づけで意外と困る布団や毛布の処分方法!




Sponsored Link

実家にある布団や毛布を処分したいけど、大きすぎて指定ゴミ袋には入りきらず処分に困ったという人も多いようですね!

そんなとき、布団であれば「綿」「羽毛」「布」と細かく分別すると、ゴミ袋に入ります。また、毛布はハサミやカッターナイフ等で小さく切り分けてからゴミ袋に入れるとよいでしょう!

ただし、羽毛布団を細かく分別しようとはさみで細かく分別するのは止めること(汗) 羽毛は軽いので舞い散ってしまうので注意(-_-;)

ゴミ袋を使用するのであれば、あらかじめゴミ袋に羽毛布団をいれ掃除機で空気を抜くか布団圧縮袋を使うという方法もあります。

ちなみに、布団や毛布を細かく分別しないまま、自治体の収集日に出した場合、「粗大ごみ」として出さなければいけませんが、先ほど紹介したように細かく分別して出すのであれば「燃えるゴミ」として出してもOKという自治体がほとんど!

少しでもゴミ処分費を節約したいというのであれば、ほんのちょっと手間をかけるよう心がけて!

Sponsored Link

意外と大変(汗)親の着ていた服やズボンなどの処分・・・

実家の片づけでは「父や母の服やズボンの処分はどうすればよいの(泣)」といった声もよく耳にします。

父親の服は普段着や背広、パジャマなど数える枚数しかないので処分は比較的ラクですが・・・ 母親の服となるとワンピース、スーツ、スカート、ドレス、着物・・・等など、クローゼットやタンスの中から出るわ出るわ(-_-;)

歳をとり着ける機会が減ってきても、処分せずに大切に保管しておく「勿体ない精神」は流石としか言いようがない(汗)

でもね・・・ 年季の入った洋服はリサイクルセンターに持ち込んでもまず売れません(汗) 

なので、粗大ごみとして処分することになるけど、そのさい、先ほど紹介した布団と同じように細かく切り分けてゴミ袋に入れるとかさばらず沢山詰め込むことで燃えるゴミとして処分することもできる!

ちなみに、和服はいまヨーロッパで高値で取引されているので「セカイモン」とか「ヤフオク」といったオークションに出品してみてはどうでしょう・・・運が良ければ○○万円で取引が成立するかもっ(*^^*)

オークションに出品するさいの注意点として、クリーニングはもちろん虫食いがあれば洋裁店で修繕してもらってから出品すること! 

じゃないと、高値の取引は期待できませんぞ(-_-;)

Sponsored Link
    

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ