QLOOKアクセス解析

遺品整理:実家の片づけで意外と困る物置きの中にあるモノの処分!+物置きの解体!




Sponsored Link

実家にある物置きの中って、ほうきやちり取りなどの掃除用具やペンチやドライバーなどが入った工具箱、それに修理すれば使えるイスやテーブルといった日用品などが保管されていることがほとんどでは?

掃除用具や工具箱は、実家の片づけで使う機会があれば最後に処分すればよいですし、壊れたイスやテーブルなどの日用品が不要であれば細かく分解してごみ収集日に出すとよいでしょう!

なかには、数十年前のブラウン管テレビとか、昭和時代のアイロン、ミシン・・・といったモノも出てくることがあるでしょう(-_-;)

それらは、ネットオークションに出品して売れればよし、売れなければごみ収集日に出すとよいでしょう。。。 昭和時代の電気機器などを欲しがるマニアが高値で落札してくれるかもしれません!

Sponsored Link

物置きは細かく分解してごみ収集日にだせば処分費の節約になるぞ!

実家のベランダや庭に置いてある物置きを処分するさい、粗大ごみとして出すと大きさによっては別途費用が発生する場合もあります。

あなたが、少しでも出費を抑えたいのであれば、物置きをゴミ袋に入るサイズまで細かく分けて処分してください。 物置きの多くは組み立て式なので、ドライバーか電動ドライバーを使って屋根部分から分解するとよい!

物置きの材質が鉄製ならば、鉄を切断する道具「ディスクグラインダー」を使って細かくカットし、材質が木製であれば「電動ノコギリ」もしくは「手製ノコギリ」を使って細かくカットします。

ちなみに、リサイクルセンターに物置きの買い取りの有無を問い合わせをして、買い取りもしくは引き取り可能であれば、リサイクルセンターを利用したほうがよいでしょう!

Sponsored Link
    

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ