QLOOKアクセス解析

遺品整理:実家の片づけで意外と困る人形やぬいぐるみの処分方法!




Sponsored Link

実家にある古い人形やぬいぐるみって、大切にしてた持ち主の生霊が憑いているとか、神様や守護霊が憑いていて、捨てると良くないことがおきる気がして、なかなか処分することができない人って意外に多いようですね。

とくに日本人形は表情が悲しげなものが多いので「捨てたらバチがあたるかもしれない・・・」と躊躇する人がほとんどでは・・・(-_-;)

家に持ち帰るわけにもいかないし、どうにかして処分したいと考えているのであれば実家の近くにあるお寺や神社に持ち込んで供養してもらうという方法もあります。

人形やぬいぐるみをお寺や神社に持ち込むと、宗派ごとに供養やお祓いの儀式を行ったあと、しめ縄かざりやお札と一緒に焼くので、人によっては不安感を拭うことができるかもしれません!

Sponsored Link

ぬいぐるみは外観と中身を分けてから処分すると感情的になりにくい。

お寺や神社で供養やお祓いをするには、ある程度まとまったお金が必要になってきます。

「お金をかけたくない」「できるだけ出費を抑えたい」というのであれば、ぬいぐるみの外観の布と中身の詰め物を別々に分けて処分すると「捨てる」という抵抗感が少し和らぎます。

ちなみに、人形やぬいぐるみの状態が良ければネットオークションに出品するという選択肢を考えてみるのもよいでしょう!

古い人形やぬいぐるみで汚れや損傷が少なければ、その筋のコレクターやマニアなどが高値で買い取ってくれるかもしれません!

余談ですが、桃の節句のひな人形や五月人形などはネットオークションで需要があり、ひな祭りやこどもの日のひと月前に出品すると、思わぬ値がつくこともあるので、実家にあればネットオークションを利用してみてはどうですか・・・思わぬ臨時収入となるかも(*^^*)

Sponsored Link
    

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ