QLOOKアクセス解析

お通夜や葬儀に包む香典は故人との関係で金額が違うので注意すること




Sponsored Link

現在は、お通夜か葬儀もしくは告別式の日に香典を包むのが一般的となっていますが、なかには親戚や親しい友人が亡くなった直後に駆けつけ、納棺前のお別れをした際に香典を包む人を見かけますが、故人や遺族に対して失礼な行為なので絶対にしてはいけません!

Sponsored Link

それと、事情があり通夜や葬儀のどうしても参列出来ない場合は、弔電を打ったり香典を郵送しても構いません!また、郵送する場合は、香典を不祝儀袋に包み、現金書留の封筒にお悔やみの手紙と一緒に同封して送ると良いでしょう!

香典とは:

  • 故人の霊前にお供えする金品のことで、もともとは、お線香・抹香[まっこう]・野菜・米などを持参して霊前に供えることが多かったようですが、現在では現金を包むことが一般的になっています。

香典包みの相場は縁の深さによって違うので気をつけること!

香典に包む金額は、故人や遺族との関係の深さや包む側の年齢・社会的地位の他に葬儀の大きさによっても大きく変化します。故人を弔う気持はお金で決まるわけではないと言いたいところですが、現実はかなりシビアに金額が決められていることが多いようです。

ただ一般的には、付き合いが深いほど包む金額が多くなり、反対に付き合いが浅いほど少なく包みます。

友人、またはその家族
5千円
ご近所の方
3千円~1万円
会社の上司・同僚・部下及びその家族
5千円~1万円
仕事の取引先
5千円~1万円
叔父・叔母
1万円~3万円
祖父母
1万円~3万円
兄弟・姉妹・その他配偶者
3万円~5万円
自分の両親
5万円~10万円

香典に使う不祝儀袋にもしきたりがあるので間違えないよう注意して

香典を包む不祝儀袋の表書きは、宗教によって異なっていて下記のように書くことが一般的です。

仏式
「御香典」・「御仏前」
神式
「御玉串料」・「御榊料」
キリスト教
「御花料」
宗教が不明
「御霊前」

不祝儀袋に自分の名前を書くときはボールペンやサインペンで書いてはいけません! 基本は毛筆または弔辞用筆ペンで、薄く書くこと!

また名前は苗字だけ書くと、お礼状や香典返しを行う時に、誰だか特定できないので必ずフルネームで書いて下さい!

お葬式の遺族がどの宗教なのか区別がつかないときは、「御霊前」と書いた不祝儀袋に香典を包むのが無難です。

不祝儀袋は香典に包む額に見合う袋そ選ぶ事も大切なことで、包む額が少なければシンプルなもの、金額が多くなるにつれて、双銀の水引や大判のものなど、豪華な袋を使うようにして下さい。

Sponsored Link

香典に包むお札はなるたけキレイなものを選ぶこと、新札を使う場合は軽く折り目をつけてから包むと相手に不愉快な思いをさせません!

不祝儀袋の基本的な使い方

  • 表書きは喪家の宗教に合わせること
  • 包む金額に見合った不祝儀袋を選ぶこと
  • 自分で用意する場合は、水引はかならず結び切りにする
  • 氏名を書くときは、弔辞用筆ペンか筆を使い薄めに書くこと
  • 中袋の裏に、金額、住所、氏名を書いておく

以前は紙幣を半紙で包み、それを奉書紙で包んで水糸をかけていましたが、現在では市販の不祝儀袋を使うのが一般的です。

また、弔辞で使う不祝儀袋の水引は、ほどくことが出来ない「結び切り」として、遺族に2度と不幸が起きないようにとの願いが込められている。

香典を包むときに出てくるQ&A

以下は、香典を包むときに出てくる疑問をQ&Aで紹介しているので参考にして下さい

Q:近所の方が家族葬を行なったのですが、香典をお持ちしても大丈夫?

A:家族葬は遺族や親しい間柄の方のみで葬儀を行うケースが多く、一般の方からの香典を断る場合がほとんどです。どうしてもというなら、香典を携帯してご近所へ伺ってみてはどうでしょうか? 万が一香典を断られた場合は持ち帰ればよいと思います。

Q:亡くなった友人が浄土真宗ですが通夜に包む香典は「御霊前」で大丈夫?

A:霊を認めない浄土真宗では「御霊前」と記した不祝儀袋を使ってはいけません! 浄土真宗では、亡くなったらすぐに仏になるという教えなので「御仏前」と記されている不祝儀袋を使うようにすること!

Q:香典を郵送する際に故人の名前しか知らない場合、宛名はどうするの?

A:他の人に聞くことが出来なかったり、故人の名前しか知らないのであれば、故人の名前の横に「ご遺族様」又は「ご家族様」と書き添え、香典と共に、お悔やみの手紙とあなたと故人との関係が解る簡単な自己紹介を書いて入れて送ると良いでしょう! 

ただ、自分の名前を遺族に伝えたくない場合は、名前を伏せる代わりに故人との関係だけは簡素でも良いので書き添えておくこと!

誰から送られたのか、または送ってきた理由もわからなければ、香典を受け取った遺族も不安に感じてしまうだけですよ!

突然ですが・・・あなたの街の葬儀費用って高くないですか?

無料で最新の葬式関連資料を取り寄せ、葬儀費の全国標準価格と基本サービスを知ることは地元業者との価格交渉で有利に立つこと間違いなし!

>>詳細はこちらをクリック<<

    

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ