QLOOKアクセス解析

友人や知人の不幸を後から知った時は状況に応じて対応すること




Sponsored Link

遠方に住んでいたり、お付き合いが疎遠になってしまった等で親しかった友人や知人に不幸があったことを随分遅れてから、共通の友人のつてで聞くことがあります。なかには、もう何年も前に亡くなってしまってるのに、いままで何の連絡も無かったという方もいるのでは・・・

近年、家族のカタチが大きく変化して、沢山の家族で暮らしていた昔とは代わり、一人で暮らす方が増えています。親しいかった友人や知人が、亡くなった事を知らずに過ごすといった事例は、今後ますます多くなっていくといわれています。

葬儀を過ぎてから不幸を知ったとき、同じ地域に住んでいる方であれば出向いて線香のひとつでもあげることが出来るのですが、遠方で移動に時間やお金がかかる場合はそうもいきません!なので亡くなられた方が家族と一緒に暮らしていたならば香典や供物と一緒に、故人との関係を記した弔辞を添えて送るとよいでしょう!

反対に、身寄りがなく病院で息をひきとり通夜や葬儀を行わずに火葬のみ行い、永代供養墓に納められていたり、自治体の無縁墓地等の集合墓に埋葬されている場合に出来る事といえば、悲しいですが・・・合掌してご冥福を祈ることや故人との思い出を振り返ることぐらいです。

Sponsored Link

亡くなったのをお葬式の後に知ったときは状況に応じて対応すること

仲の良かった友人やお世話になった恩師などの不幸を知ったのが、お葬式が済んで半年以内の場合と半年以上経った後では、弔意の表し方も違ってきます。故人を偲ぶことには変りありませんが、出来れば残された遺族に失礼のないような対応を心がけたいものです。

不幸を知ったのがお葬式から半年以内の対応のしかた

他県に住んでいたり連絡の不行き届きなどによって、故人が亡くなったの知らず、たまたま居合わせた故人と共通の友人との飲み会で、故人が亡くなってお葬式まで済ませたという話しを聞いた場合、お葬式から半年以内であれば、出来るだけ早く弔意を表すとよいでしょう。

遺族への連絡先を知っている場合は、とりあえず電話で、訃報を今知ったこと、葬儀に参列できなかったお詫びと、お悔やみの気持ちを伝えるとよいでしょう。そのあとに手紙でお悔やみを述べるか又は弔問へうかがうようにします。

ただ、弔問へうかがう場合は、必ず承諾を得てからにすること、遺族は故人がお亡くなりになってまだ日が浅く、心身の疲れが癒されてない時期であることを念頭に置いて行動して下さい!

Sponsored Link

不幸を知ったのがお葬式から半年以上の対応のしかた

仕事で海外へ何年も行っていたり、他県へ働きに出て地元へなかなか戻れなかったりすると、友人や知人からの連絡が届きにくなるので、親しい友人やお世話になった方が亡くなった時にも、連絡を受けれないことが少なくありません!

親の還暦や兄弟の結婚式などで地元へ帰った時に、たまたま故人と共通の友人から亡くなって何年も経ったことを聞いたとき、遺族に弔意を表したい場合は、住んでいる所が分かるのであれば弔問するか、もしくはお悔やみの気持ちと葬儀に出席できなかったお詫び、故人との思い出を綴った手紙を出します。

それと時間が経ってから弔意を伝えるときは、くれぐれも電話やメールでお悔やみの気持ちを述べることのないよう気をつけること!

また弔問するときは、仏壇の遺影に線香をあげて合掌して故人を偲びます。帰り際に、遺族からゆっくりするように言われたら都合のつく限りで良いので、故人との思い出話しをしてあげて下さい!

弔問の際には、香典を包むと思いますが、香典返しの心配はいらない旨を伝え、遺族に気を使わせない心配り忘れないようにすること


亡くなった事を後で知ったときに出てくるQ&A

以下は、亡くなった事を後で知ったときに出てくる疑問をQ&Aで紹介しているので参考にして下さい

Q:お葬式の後に亡くなった事を聞き弔問にいきたいのですが失礼ですか?

A:遺族の連絡先を知っている場合は、電話で訃報を今知ったこと、葬儀に出席できなかったおわびと、お悔やみの気持ちを伝えます。その後で、先方の承諾を得てから弔問へ伺うようにして下さい!、ただ、弔問を断られた場合、遺族は心身の疲れが癒されない時期であることを考慮して、節度ある対応を心がけること!!

Q:先日母が亡くなりました。旦那方の両親にしらせなくてもよいですか?

A:もし旦那方の両親を気遣って訃報の報告をしないのなら、心配は無用です。旦那方の両親に訃報の連絡をして事実を伝えて下さい!お葬式に出るか・香典だけ包む・もしくは何もしないなどを決めるのは、旦那方の両親に任せること! 大切なのは訃報があった事実をきちんと伝えることです。

Q:友人の死を半月前に知り、1周忌に呼ばれました。参加すべきでしょうか?

A:亡くなられた友人との交友関係の深さで決めればよいと思います。生前に交友関係が深く沢山の思い出があるのなら1周忌に出席すべきでしょうし、反対にあまり交友関係がないのなら出席しないでおくか、出席される友人へ代わりに香典を持っていってもらうという選択肢もあります。

どちらにしてもご自身と亡くなられた友人との関係を考慮して出席の有無を決めることです。

    

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ