QLOOKアクセス解析

「4:【知識】葬儀後の手続き」の記事一覧(2 / 3ページ)

遺族年金や補償の受給額が低い場合、条件を満たす事で児童扶養手当が貰えます

Sponsored Link これまでの児童扶養手当は、子供のいる家庭で夫もしくは妻が死別または離婚により「ひ・・・

故人が厚生および共済年金加入者だった場合に貰える遺族年金の種類!

故人が厚生年金に加入している会社員や共済年金に加入している公務員だった場合で、一定の条件を満たした遺族は遺族厚・・・

故人が国民年金加入者の場合一定の条件を満たす事で遺族年金が貰えます!

一家の生計を支えていた人が亡くなった場合、夫や妻に関係なく一定の条件をクリアすることで遺族にも年金や一時金が支・・・

葬儀後は国民年金や厚生年金の受給停止手続きを速やかに行うこと!

故人が65歳以上で年金をもらっていた場合、厚生年金であれば死亡後10日以内に、国民年金であれば死亡後14日以内・・・

故人が療養中に支払った医療費は一定の限度額を超えると払い戻される

高額療養費制度とは、国民健康保険や健康保険に加入している故人が病気や怪我を患い亡くなった場合、国が定めた自己負・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ