精進料理とは殺生を戒める仏教の教えにより、肉や魚などを使わず穀物・豆類・野菜のみを使った料理のことで粗食を基本とした食事のことを指します。

仏教では死者が出た家が忌み慎む期間を忌中と呼んでいて、忌中の期間中は美食を避け精進料理を食べて過ごすことが一般的でした。

そのような考え方から、通夜のあとに会葬者にふるまわれる通夜ぶるまいは、肉や魚を含まない精進料理が出されることが多かったようです。

肉や魚などを食べるのは忌中が明けたサインでもあった。

仏式の葬式では忌中が明けるまでの四十九日間に出される料理は、穀物・豆類・野菜のみを使った精進料理を食べるのが一般的でした。

本来、肉や魚を含む料理を食べるのは四十九日が過ぎた忌中が明けに出される精進落とし以降でしたが、時代の変化とともに現在ではその習慣は薄まりつつあり、通夜ぶるまいや告別式のあとの食事にも肉や魚を含む料理が出されるようになっている。

ただ、精進落としの本来の意味は別にあり、食事をしながら故人と縁のあった方が思い出話をしたり、故人をしのぶことが目的です。

なので通夜や告別式のあとに食事の席に招待されたら「結構です」と断るのではなく短い時間でも参加するようにすることが望ましい。

通夜や告別式の後に行う食事の種類とマナー

通夜ぶるまい
以前は、肉や魚を含まない野菜中心の料理を出すことが一般的でしたが、現在では寿司や揚げ物など野菜以外の食材も使われるようになっている
精進落とし
忌明け(四十九日)後に出される料理で、以前は肉や魚を含まない精進料理から通常の料理に戻る節目の料理のことを指していましたが、現在では通夜ぶるまいや告別式に出される料理に肉や魚が含まれるようになっており、「精進落とし」という名目だけの言葉となっている。ただ、食事に招待された時は参加を辞退するのではなく、短い時間でも席につき故人をしのぶようにして下さい!
喪主挨拶および献杯
通夜ぶるまいや告別式のあとに行う食事会に招いた参列者の方や僧侶または葬式の手伝いをしてくれた方へ感謝を示すために、ねぎらいの言葉や敬意を表して杯(飲み物の入ったグラスやコップ)を差し出します。
御膳料を僧侶に渡すタイミング
通夜ぶるまいや精進落としの食事会には、僧侶にも声をかけ出席してもらいます。ただ、事情により出席を辞退する場合は食事の代わりに「御膳料」と表書きをしてお布施を包みます。
通夜ぶるまいをしない場合
仏式の葬式で通夜を行う場合は、セットとして行われる通夜ぶるまいですが、事情により行わない場合は、代わりとしてお酒と折詰めなどの粗供養品を持ち帰ってもらうことが多いようです。