遺体を入れる棺は、使われている素材や表面にある彫刻の有無によって、木棺・布張棺・キリスト棺など色んな種類がありそれぞれ値段も異なってきます。

通常、棺は家族が用意するのではなく、葬儀社がすすめる葬式セットや葬儀プランの中に棺の代金も含まれている為、棺の種類を選択するだけで済みます。ただ、なかには適正な価格を知らないのを逆手に取って棺の金額に法外な値段を上乗せして掲示する葬儀社もいないとは限りません!

これは棺に限らず葬式費用全般に対していえることですが、お金を払う側が葬儀について最低限度の知識を持っていないと、まんまと葬儀社の口車に乗せられ、気が付くと高い金額を支払ってしまうのが葬儀業界の現状です。

うっかり契約書にサインをしたり葬儀中の領収書に宛名を書いてしまえば、葬儀社から高額な請求書が送られてきた時に「知りません」では済まされないということを頭にしっかりと叩き込んでおいて下さい!裁判を起こしても不正を証明する証拠が無ければ、泣き寝入りするしかありませんよ!

なので、そうならない為にも葬式についてある程度の知識は調べておく事!それと分からないことがあれば、見積りを依頼した葬儀社へ積極的に質問して疑問を解消するクセを付けるようにすることで、自然と知識は身につくものです。

木棺や布張棺など棺にも色んな種類が存在する。

遺体を入れる棺は火葬する事を前提に作られているので、使用する材質は全て天然の木材や合板材など燃えやすい材質で作られている!

木質も檜や桐などの天然の木を使用した棺や、ベニヤ板の上に布を張った布張棺などの他、キリスト教で使用する棺は木製の棺であれば黒いニスや漆を塗った棺を使い、布貼棺であれば黒い布を張った棺を使います。

主な棺の種類

天然木棺:
檜(ヒノキ)や桐などの天然木を素材とする棺。表面に彫刻が施される面が多いほど金額が高くなる。
天然木棺(彫刻なし)

天然木棺(彫刻なし):値段2万円~10万円


天然木棺(彫刻有り)

天然木棺(彫刻有り):値段5万円~40万円
布張棺:
ベニヤ板などの上に布を張った棺。無地の布からビロードの布などベニヤに張る布の種類によって金額が高くなる傾向に、近年では伝統のある絹織物を使用した布張棺も出まわるようになってきています。
布張棺(無地)

布張棺(無地または布地なし):値段2万円~10万円


布張棺(高級布地)

布張棺(ビロードまたは絹織物):値段10万円~40万円
キリスト教の棺:
日本ではベニヤ板の上に黒い布や紫布を張った棺が一般的で、こちらも使う布地によって金額が変わってくる。
キリスト教布張棺(無地)

布張棺(無地または布地なし):値段3万円~18万円


キリスト教布張棺(高級布地)

布張棺(絹織物):値段15万円~40万円
※今回棺の価格を参考にしたサイト
アーバンフューネス竹原葬祭冠婚葬祭研究所棺おけ屋