通夜ぶるまいは大皿、精進落としは個別に膳の料理を準備しておく




仏教の葬式では、通夜のあとは通夜ぶるまい、亡くなってから四十九日後の忌明け後に精進落としと呼ばれる会食の席が設けられます。

ところが近年、葬儀や火葬を済ませるとすぐに初七日法要と一緒に精進落としを行うケースが増えている。

ひと昔前の通夜ぶるまいに出される料理には、肉や魚など殺生しないと手に入れることができない材料は使わず、地域の山菜や豆類など野菜のみでまかなった精進料理を振る舞うことが多かったといいます。

ただ、時代の変化とともに近ごろはあまりこだわらなくなってきており、通夜ぶるまいにも肉の入った料理や寿司などがふるまわれるようになってきました。

ちなみに精進落としとは、身内に不幸があった日から四十九日の間は肉や魚など生き物以外を食べて故人の冥福を祈り、”忌明け”と呼ばれる四十九日以降に通常の肉や魚を食べる食事に戻ること!

なお、身内に不幸があってから四十九日ものあいだ肉食が禁止されていた背景には、身内の不幸を通じて、ふだん身近に感じることのない「死」に直面することで自分が生きている事を実感し、肉や魚等の生き物を食べないことで命ある全ての生物に感謝をするといった意味合いがあったといわれている。

通夜ぶるまいは参列する人数を予測して若干多めの予算を準備しておく

通夜ぶるまいとは、亡くなられた方とこの世で最後の宴会をするといった意味があり、故人の供養とともに参列者への感謝の気持ちを込めて、お酒や料理をふるまうものです。

冒頭にも書きましたが、以前は肉や魚を避け野菜や豆類等の精進料理を出すことが一般的でしたが、近ごろはあまりこだわることなくオードブルや寿司など料理の中に肉や魚も含まれている。

通夜ぶるまいに用意する食事の種類や飲み物等は、地域によって多少の違いはあるもののオードブルや煮物・寿司などの大皿料理を用意して招待された参列者が食べたい料理を小皿に取るのが基本!あと、飲み物はアルコール類や飲料水を参列者の年代を確認しながら用意するとよい。

ほとんどの参列者は口をつけるだけですぐに退席することが多いので、用意する料理の数は参列者の人数の半分もしくは3分の2程度の量で間に合います。 

以下の項目を抑えておけばとりあえずOK!

  • 料理は取り分けしやすい大皿料理を用意する!
  • アルコール類は必ず用意しておいて!
  • 用意する料理の数は参列者の半数もしくは3分の2程度の量でOK!
  • 僧侶や世話役の席は上座に用意する
  • 喪主や遺族は接待役を務め、参列者にお礼をしてまわる

なお、食事の量や飲み物については依頼した葬儀社が人数や会場の広さを考慮して最適な量を提案するので、それほど心配する必要はありませんが、価格や料理の質など事前に確認することが出来るのであればしておくとよいでしょう!

反対に通夜や葬儀に参列する弔問客の場合は・・・
喪主や遺族が通夜ぶるまいの席に案内したら通夜や葬儀に出席した参列者は「NO」と断らずに会食の席につき煮物のお芋や、出された飲み物をひと口でもよいので食事を頂いて下さい!
仏教では通夜ぶるまいでの料理をを参列者が食べることで遺族が功徳を積むことができ、功徳の数だけ故人への供養になるといった考え方が根底にある。通夜ぶるまいを断るということは、遺族に「わたしは、故人への『供養』をやりたくありません!」といった失礼行為と受け止められるので注意すること。

精進落としは人数分の膳を準備すること!

精進落としは忌明けのしるしとして、肉や魚を含む食事に戻るという意味を持っていますが、近ごろは忌明け前でも肉や魚を食べるので儀式的な意味合いでのみ使われることが多い!

最近は、葬儀や火葬を終えた後に初七日法要と一緒に精進落としが行われることが多く、参列者も身内や極々親しい知人というケースがほとんどなので用意する料理の数は、おおよその目安がつきやすいでしょう。

以下の項目を抑えておけばとりあえずOK!

  • 2,000円~5,000円程度の膳を個別に用意する
  • アルコール類や飲料水は多めに準備しておいて!
  • 僧侶が食事を辞退する場合は、『お膳料』と『お車代』を包む
  • 挨拶は親族代表が行ない、参列へのお礼を述べる

精進落としに用意される料理は、地域によって特色が異なりますが一般的に個別に膳を用意することが多く、オードブルや寿司などの大皿料理は避ける傾向が高いようです。あと、会席に参加するのは世話役や僧侶など関係者がほとんどなので、ゆっくりと歓談することが予想されます。なので、アルコール類や飲料水は少し多めに準備しておくとよいでしょう!

突然ですが・・・あなたの街の葬儀費用って高くないですか?

無料で最新の葬式関連資料を取り寄せ、葬儀費の全国標準価格と基本サービスを知ることは地元業者との価格交渉で有利に立つこと間違いなし!

>>詳細はこちらをクリック<<

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ