良く耳にする”葬式”という言葉。実は葬儀と告別式を合わせた造語!




”葬式”という言葉の意味を、ネットや辞書では「死者をほうむる儀式。葬儀。とむらい」と説明している。一方で世界大百科事典 第2版の解説では、「一般に死の発生から埋葬や火葬などの死体処理までの儀式を葬式とよんでいる。」と説明しています。

それぞれ説明の仕方は異なりますが、おおよそ”葬式”という言葉の意味を表している内容となっている。

ところが、”葬式”という言葉は「葬儀」と「告別式」からそれぞれ「葬」と「式」を一語ずつ取って出来た言葉だという由来もあり、ネット辞書のgooでは、”葬式”と”葬儀”の意味を「死者をほおむるための儀式」と同じ意味を持っていると説明しています。

造語とはいっても葬儀と告別式の持つ意味はそれぞれ違っている!

仏教で表す”葬儀”とは宗教的に、故人に仏の弟子として戒律を与え、浄土へ行く為の重要な儀式として捉えられている。

かたや、”告別式”は亡くなった事を公にしたり、世間的な付き合いの中で会葬を促す式典として行ない、宗教との関わりがないので僧侶がお経を読むことはありません!

葬儀は”儀式”、告別式は”式典”と分けて考えるべき?

つまり、”葬儀”は家族や親しい知人など、極々限られた人のみで儀式を行うのに対し、”告別式”は家族や親しい知人を含め、ご近所や日頃から故人と付き合いのあった関係者に死の告知をして多勢で式典を行うといった意味合いを持っている。

上記の葬式の考え方は芸能人やが亡くなったときに行う密葬が参考になります!

芸能人が亡くなると、先に家族や親しい知人と葬儀を行なった後、ファンや関係者に告知をしてお別れ会や偲ぶ会を開催するケースがほとんどです。彼らが行う密葬のカタチこそ葬式の本来の姿なのかもしれません!

時間に追われる”葬式”のカタチに疑問を持つ家族が増えている。

これまでの葬式では葬儀と告別式を同じ日に行ったり、火葬・繰上げ初7日法要、精進落としを5~8時間ほどで済ませるジェットコースターのような葬式を奨励する葬儀社が増えた結果、儀式や儀礼が簡略化されたり、意味の分からないお経を聞きながら参列者の焼香に合わせて黙礼する事に不満や疑問を持つ家族が増えていきました。

「葬儀や告別式は必ずしなければいけないのか?」

葬儀社が進める高額な葬式スタイルに不満や疑問を持つ家族が増えた結果、現在では葬儀と告別式を分けて行なったり、家族葬や直葬といった少人数で行う葬式を選択するケースが増えています。

ただ、何もかも省いて葬儀や告別式をしないまま葬式を終えるのは故人や残された家族、双方にとってあまり良くありません!

特に「直葬」を選択した家族の多くはお別れの儀式である葬儀や告別式を省いてしまった結果、心のケアが上手く出来ず何年も死の悲しみを引きずり、立ち直ることが出来ずに仕事まで辞めてしまうケースが後を絶たないといいます。

仏教葬式が長く続いているのには理由がある!

日本人が古くから行なっている仏教の葬式には、通夜や葬儀で故人と「縁」のあった方々と話をしたり、初七日法要や忌明け法要など段階を踏んだ儀式を行うことで、残された家族が深い悲しみを乗り越え毎日を生きる糧を見つけ、普段の生活に戻っていく手助けをしてくれる役割を担っていました。

ところが、利益追求を優先した葬儀社が増えた結果、仏教葬式のデメリットばかりが取り沙汰され、儀式を行うことで心のケアを担うといった仏教葬儀本来の役割が、葬式を行う家族に上手く伝わらないまま、現在に至ったのはとても残念としかいいようがありません!

形式に囚われない葬式よりも心のケアが行える葬式を選んで!

直葬や自由葬など現在は葬式のカタチも様々なスタイルが増えてきており、本人や家族のニーズに合わせた葬式が行うことが出来る一方で、忘れてはいけないのが、葬式を終えたあとの虚しさや寂しさといった空虚感を埋めてくれる存在の確保!

現在ではグリーフ・ケアといって家族の悲しみを取り除くカウンセリングサービスも充実していますが、やはり古くからある仏教の儀式である法要に勝るものはないと思います。

時代の変化とともに変わる葬式のスタイルばかり追い求めるのではなく、わたし達の先祖が受け継いできた仏教で行う葬式を、もう一度見直す時期にきているのではないでしょうか?

”ちょこっと小言”:葬儀会場を決めるときに気をつけること・・・

葬儀会場を決めるときは、遺族の希望、参列者の人数、会場利用料の他に交通や送迎バスなどの利便性を考えて選ぶとよい!

葬祭場・セレモニーホール・総合斎場
メリット:
設備が整っている・手伝いの人出が要らない・進行がスムーズ・仮眠施設や駐車場及び受付設備が充実している。
デメリット:
会場利用料が高い・誓約や決まりがあり融通がきかない・通夜で線香を一日中出来ない所がある・
公営斎場・レンタル斎場
メリット:
使用料が安い
デメリット:
準備から片づけまで遺族で行わなければいけない・細かい仕様制限がある・利便性が悪い・費用が安いので人気があり予約が取れない・設備が整っていない場所が多い
    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ