仏教では故人が亡くなった日から数えて四十九日の間は、家族は外出を控え故人の死を悼む期間を忌中(忌服期間)とし、その間は7日ごとに法要を行います。

亡くなると、あの世で生前の悪行について7日毎に裁きを受けると云われており、法要はその罪を少しでも軽くするために行うものとされ、仏教では”中陰の七仏事”と呼ばれている。

なかでも、亡くなった日から数えて7日目の「初七日法要」と四十九日目の「忌明け法要」は重要な日となり僧侶にお経をあげてもらい供養をしてもらいます。ただ、初七日法要に限っては7日目をまたずに、葬儀・告別式が済みしだい繰上げ初7日法要を行なう地方が増えています。

忌と服の図解

「忌」と「服」を合わせた期間が『喪中』

四十九日目の忌明け法要以降は、喪服を着て身を慎む「服」といわれ、約一年間は結婚式や慶事の主催・神社への参詣を控える「喪中」の期間に入る。

これまでは、友人や知人の結婚式に出席の返事を出した後に不幸があった場合は、参加辞退を申し出ることが一般的でしたが、最近は喪中期間でも祝いの場に参加する人が増えています。

なお、喪中ならともかく亡くなってから四十九日を過ぎない忌中(忌服期間)の間に、結婚式や出産祝いなどの祝い事に参加することは避けるべきでしょう。

僧侶を迎えてお経をあげてもらう時期(葬儀後~四十九日目迄の期間)

初七日法要
最近は諸事情から葬儀や告別式の当日に繰上げ初7日法要を行う地方が増えている。
四十九日法要
故人の霊が家から離れあの世に旅立つ区切りの日。亡くなってから49日目を持って忌明けとし、位牌や仏壇の用意、香典返し等もこの日を目安に行う家族が多い。なお地方や宗派によっては納骨式も忌明けの日と合わせることもある。

※忌明け法要は地方によって四十九日目ではなく、三十五日目で行うところもあります。

忌中の期間は祝い事への参加は控えること!

亡くなってから49日目を過ぎるまでは、神社への参拝や結婚式および祝賀会などへの参加は避け、慶事の主催も慎むこと。

また、喪中に年を越す場合は、新年を祝うためのしめ飾りや鏡餅を用意したり、初詣や年始回り、年賀状を出すなどの行為は、原則やってはいけないので注意して下さい!

忌明けを迎えたらあいさつ状を送りご厚意に対するお礼をする。

四十九日法要が過ぎたことや納骨式が完了したことや、ご厚意に対する感謝の気持ちを込めたあいさつ状を香典返しと一緒に送ります。

あいさつ状は定型文があるので利用することも出来ますが、なるたけ家族の気持ちが入った文章を書くことがよいでしょう!

差出人は喪主の名前を書くのが基本ですが、送付先によっては喪主と関係する遺族の名前を連名にしても大丈夫!