現在は、喪主や親族が葬儀の際に黒を基調とした略礼装であるブラックスーツを着用するのが主流となっていますが、以前正式礼装を着用するのが基本でした。

正式礼装とは、男性の洋装はモーニングコート、和装であれば黒羽二重の染め抜き五つ紋の着物と羽織と袴。女性の洋装は黒で統一されたフォーマルドレスもしくはスーツ及びワンピース、和装であれば黒無地に染め抜き五つ紋の着物を着用するといったスタイルが多かったようです。

本来、通夜は故人の死を悼み家族や親しい間柄の人だけで夜通し過ごすものでしたので、喪服を着る必要がなかったのですが、現在は仕事帰りに気軽に立ち寄れる通夜に参列する人が増えており、通夜でも喪服を着る必要が出てきました。

ただ、家族のみで通夜を行う旨を前もって告知してある場合は、喪服を付けずリラックス出来る服装でかまいません!

葬儀の服装は、『喪服』!喪主や親族は格上の服装を着るのが基本

喪主や親族が着る喪服と参列者が着る喪服は暗黙のルールが存在しており、喪主や親族は参列者よりも格上の喪服を着用しないといけません!

男性なら和装なら黒紋付き羽織袴(五つ紋付)や洋装であればモーニングコートやが正式礼装となっていますが、現在はブラックスーツを着用すれば良いとされています。

正式礼装(男性)

一方、女性は和装であれば黒無地着物(五つ紋付)・洋装であれば黒を基調としたスーツ・ワンピース・アンサンブルであればよいとされていますが、格式を考えると①:ワンピース>②:アンサンブル>③:ツーピース>④:パンツスーツと違いがあるので、なるたけ流行りで選ばずツーピース以上を着用するように!

正式礼装(女性)

最近は主流の略礼装とは黒を基調とした服装のこと!

略礼装とは、男性であればブラックスーツ、女性であれば黒を基調としたスーツ・ワンピース・パンツスーツなどを指し、正式礼装にくらべると軽めの服装といえるでしょう。以前は多かった和装も最近は着用する人が減り、通夜や葬儀でも洋装で出席する人が増えています。

略礼装

略礼装の詳細についてはコチラの記事も参考にして下さい!

突然ですが・・・あなたの街の葬儀費用って高くないですか?

無料で最新の葬式関連資料を取り寄せ、葬儀費の全国標準価格と基本サービスを知ることは地元業者との価格交渉で有利に立つこと間違いなし!

>>詳細はこちらをクリック<<