もっともシンプルで安いお葬式のスタイルは、火葬料と葬儀料(寝台車費・棺費・安置費・保存費)のみを負担するだけで済む「直葬」があります。

東京の公営火葬場だと成人の火葬費は2万3千~2万4千円ほどですみます、ただし公営火葬場は費用が安いためなかなか空きがなく、急な申し込みで直ちに予約がとれるということはまずありません!なので生前に葬儀の準備をしていない限り、民間の火葬場を利用する事になります。

ちなみに東京都の民間火葬場の火葬費は一番安くても4万8千円と公営火葬場の倍近い金額を設定しており、その他にも遺骨を納める骨壷(1万~4万5千円)や火葬場の社員に支払う心付け(5千から1万円)に加え火葬中に休む休憩室代(3千円~1万円)など火葬場内で使うお金だけでも5万~10万円は必要になってきます。

火葬場内で使う費用に加えて葬儀社に支払う費用が17万~25万円ぐらいなので、運良く公営火葬場を予約できたとしても最低19万円はかかると考えておくとよいでしょう。

直葬の流れとしては

①:危篤・ご臨終
病院または自宅で医師や監察医により死亡が確認され死亡診断書が発行されると・遺族は故人の搬送および安置を葬儀社へ連絡する
②:安置
自宅または葬儀社や火葬場の安置室または安置専用ホテル等へ故人を搬送し、火葬予定日まで安置します。(※法律で規制されているので、死後24時間はご遺体の火葬を行うことが出来ません!)
③:納棺
故人を棺に納めます。棺の中には金属やライターなど火葬炉を傷つけてしまうもの以外は入れることができるので、故人の愛用していたものや思い出の品を入れても構いません!ただ、通常の葬儀と違うので遺体を清める湯かんや死装束に着替える納棺の儀は行われませんので、危篤もしくはご臨終時に着用していた服装のまま棺に入ることになる。なお、納棺の儀を行うのであれば別途費用(オプションなので10万~20万円と高額)が発生します!
④:火葬・収骨
火葬予定日がくると安置場所から寝台車で火葬場へ搬送し火葬を行います。火葬場が民間の場合だと火葬場の職員に心付けを渡したり、収骨する骨壷を購入します。一方公営の火葬場の場合は職員に心付けを渡す必要はありません!また収骨する骨壷も葬儀社が用意してくれるものが使えるのでそちらを使うと良いでしょう。ちなみに火葬場が民間か公営かによって火葬場で使う金額は2~3倍ちかく変わってきます!

すべてを省いた『直葬』!できれば避けてほしい

高額な葬式費用に疑問を持つ家族からすれば「葬式不要」といった考え方が広まりつつあるといいますが、「葬式」は必要なのです!

なんの為に葬式を行わなければならないのかといわれると、答えは2つ「故人の冥福を祈るため」と「残された遺族の心のケアのため」なんですね!

とくに日本人が古くから行なってきた仏教での葬式は通夜と葬儀によって故人と『縁』のあった人どうしが集まり、向かい合って昔話に花を咲かせたり、普段は見ることのなかった一面を家族や遺族は、故人の友人や知人を通して知るキッカケにもなる。

事務的な葬式にも問題があるが、話しあうことで解決はできる!

確かに事務的な感じのするいまの葬式では、葬儀社のいわれるまま動いて気が付くと全て終えていたなんてことも多々あると思いますが、その中でも遺族の知らない方が故人の冥福を祈り焼香をあげてくださったり、お悔やみの言葉をかけてくれるのは『縁』があればこそなのです。

現在の葬儀社のシステムにも問題があり、もっと遺族側に立って葬式を行うように変化していく必要がありますが、その一方で残された家族も葬儀社に全てを任せるのではなく、できる範囲で参列者に挨拶をして声をかけたり故人との関わりを聞いたりするなどの姿勢が求められているのではないでしょうか?

直葬では通夜や葬儀がないので、このような『縁』のあるもの同士の繋がる機会が全くありません!その結果、残された遺族は葬儀を終えしばらくすると、孤独感や絶望感を長く味わうようになるといいます。これは、葬儀の時にしっかりと心理面のケアを行わなかった為、大切な人が亡くなった悲しみや目の前の現実を受け止めることが出来なくなり気持ちが不安定になるからだといわれている。

お坊さんのお経を聞いたり話しを聞くことで心のケアに繋がる

海外では、残された遺族の心のケアを行う専門業者(グリーフケア)がおり手厚いサポートを行なっている。一方、日本では仏教を専門とする僧侶が古くからその役割を担ってきていて、通夜や葬儀および葬儀後の初七日法要から忌明け法要(四十九日)といった節目毎の法事を行うことで、残された遺族の心のケアを行なっていました。

残念なことに主流となりつつある直葬では、残された遺族の心のケアを行う儀式の部分をすっぽりと取り除いたカタチとなっているのです。

日本消費者協会が2014年に出版した、第10回「葬儀についてのアンケート調査」では本人が望む葬儀のかたちの質問で「費用をかけないでほしい」との回答がトップにありますが、残された遺族の心のケアを考えると、小さくても良いので通夜と葬儀を行ない、故人と『縁』のある者どうしが集い気持ちを表現する事が大切だと思います。

本人が望む葬儀のかたち

※参考資料:第10回「葬儀についてのアンケート調査」(著)日本消費者協会 2014