葬儀社とのトラブルで最も多いのが見積書と請求金額の差額の大きさ




事前に葬式の準備をしている家族と、そうでない家族とでは、葬式費用に対する意識が全く違います。

前者であれば、見積り時点から疑問点や不明点を解決するために複数の葬儀社に問い合わせて質疑応答を繰り返し納得したうえで葬式を行うので価格や葬儀内容について大きな不満は噴出しにくい!

一方で、後者の場合だと身内の急な死を受け止めることが出来ないまま、目の前にいる葬儀社のスタッフの口車に乗せられ内訳も聞かないまま葬儀社を決めた結果、見積金額と請求金額が倍近く違うなどのトラブルが生じて問題となることが多い!

ほとんどの人にとって、「死」に直面したり葬儀を行うことは一生に一度か二度。悲しみや辛さで目の前の現実を受け止められず、冷静な判断をすることは難しいでしょう!

なので、葬儀社との打ち合わせで「皆これぐらいのお金をかけている」とか「人生最後の日を最高のおもてなしで見送るだけの価値がある」などとまくし立てられ、高額な葬儀プランを契約してしまうのは、ある意味仕方のないことだといえるかもしれません!

しかし、日頃からインターネットや書店および図書館などで葬式についての知識をこまめにチェックしておいたり、複数の葬儀社から見積りを取り寄せ葬儀プランについて疑問や不明点を取り除いておくことで、結果として良い葬儀社と出会い納得の行く葬式を行うことが出来るというものです。

ケースでみる葬儀社とのトラブル事例!

見積書と請求書の記載額が違うってどういうこと?

葬儀社が提案する見積書の中には、返礼品や通夜ぶるまいおよび精進落としなどの料理など、通夜や葬儀に訪れる参列者の数によって金額が増減する(客単価:参列者一人にかかる費用)ものがある!

葬儀社と打ち合わせをするときは客単価の交渉も考えておき、予算を超えた人数の場合は割引が可能なのか確認しておく必要があります。

良心的な葬儀社であれば、過去のデータから人数の増減によって見積金額と請求金額の差異について細かい事例を出して丁寧に説明してくれます。また、そのような葬儀社にいるスタッフは家族に親身になって接してくれることが多いので仲良くなれば思わぬサービスをしてくれることも・・・ 

まぁ そのような事を期待して葬儀社を選ぶのは不謹慎だと思うかもしれませんが、やはり人間なので至れり尽くせりのサービスには気持ちが入ります。葬儀社を選ぶときは、心が許せるようなスタッフのいる所を選びたいものです。

互助会での積立金で葬儀費用一切をまかなえるとは限りません!

あまりよい噂を聞かない互助会のサービス・・・ 月々一定の金額を契約期間に応じて積立をして葬儀費用の前払い金として差し引きするシステムとなっている。

ただ、勧誘する営業マンがアルバイトやパートの人が多く細部にわたって契約内容を理解しないまま営業を行うので、契約者からすれば積立金で葬儀費用一切をまかなえると勘違いしてしまうケースが続出しています。

ほとんどの契約者は、互助会という名前を公共機関のサービスだと勘違いして加入してしまうようですが、互助会は民間企業なので倒産する可能性も十分あり、その場合は積立金が手元に戻らないというリスクも考えて置かないといけません!

また、積立費用や積立期間にもよりますが葬式費用の相場は100万~200万が相場と考えると月2千~3千円の積立金額で葬儀費用を用意するとなると1年で2万4千円の積立なので、100万円積立するのに約40年近くかかります。

実際、互助会の少ない積立金額で葬式を行うことは出来ず参列者に渡す会葬御礼や通夜や葬儀でふるまう料理および僧侶に支払うお布施などは別に費用が発生することがほとんど!

葬祭関係の互助会へ加入するのなら以下の点を確認すること!

葬祭関係の互助会へ加入するのなら以下の点を確認すること!
1:積立金を完納した後の割増サービスは何がある?
2:解約した際に払い戻しされる積立金の額はいくら?
3:契約後の葬式プランの変更は可能なのか
4:葬式を行う上で別途かかる費用の内訳って?
5:互助会が倒産した場合に保全される金額はどれくらい?
    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ