仏教では、臨終後もしばらくは故人が生と死の狭間にいると考えられています!

通夜とは、万が一故人が生き返ったときの為に、家族や親族など親しい者が飲み物や食べ物を用意して、夜も眠らずに故人と一緒に過ごす時間の事を指していました。

ただ、最近の通夜では仕事を休んで参加する葬儀や告別式よりも、仕事帰りに通夜で焼香を済ませる一般の参列者が増えており、「夜間葬儀」もしくは「夜間告別式」というカタチに変わりつつあります。

一般的な通夜は「遺族・親族および僧侶の入場」→「僧侶がお経をあげる」→「焼香」→「僧侶退場」→「通夜ぶるまい」→「解散の挨拶・終了」という流れで行われる。

遺族や親族は15分前には席について僧侶を出迎える!

通夜の開始15分~20分前には、遺族および親族は式場に入り着席して僧侶を出迎える。席順は喪主や世話役が中心となって葬儀スタッフと相談しながら決めていきますが、通常は故人と関係の深い順および血のつながりが濃い順から前に座ります。

なお、椅子の配置は地域や宗派もしくは葬祭場の規則によってかわるので、席順に迷うようであれば葬儀スタッフや僧侶に話しをして指示に従うとよいでしょう。

通夜から通夜ぶるまいまでの一連の流れ

1:通夜の開始
(a) 遺族・親族が席次に着く(遺族や親族は始まる15分前には着席しておく)

(b) 僧侶入場・開式の辞(僧侶を式場へ案内し、司会者が開式の辞を述べる)

(c) 参列者の受付(一般の参列者の受付を始め案内を始める)

(d) 読経(僧侶がお経をあげる)

(e) 焼香(遺族や親族が始めの焼香を行ない、次に来賓・一般参列者の順に焼香を行う)

(f) 法話(僧侶から法話や説教をいただく)
2:通夜の終了
(g) 僧侶退場・閉式の辞(読経を終えた僧侶が退場し、司会者が閉式の辞を述べる)

(h) 僧侶へのお礼(僧侶へお礼の挨拶をして、宴席へ案内する。僧侶が辞退する場合は御膳料と御車代を包む)※御膳料と御車代の相場についてはコチラ

(i) 来賓・一般参列者を宴席へ案内(事前に準備してある通夜ぶるまいの席に案内する)
3:通夜ぶるまい
(j) 会食(式場から通夜ぶるまいの席へ移動して、会食を行う。遺族や親族は参列者と故人のむかし出話をして想いを共有する。)

(k) 遺体と対面(参列者から希望があれば、遺体と対面してもらう)

(l) 僧侶の接待(僧侶が宴席に参加しているのであれば、接待してもてなす。)

(m) 喪主挨拶・解散(頃合いをみて、通夜ぶるまいを終えるために喪主もしくは遺族代表が簡単なお礼を述べて宴席の場をお開きにする)

(n) 夜伽:よとぎ(来賓や参列者が帰ったあと、可能であれば近親者で席を囲み夜通し遺体を見守る)
4:世話役や葬儀スタッフとの打ち合わせ
(o) 葬儀スタッフとの打ち合わせ(通夜や宴席の片付けを終えると、葬儀・告別式の式次第、弔辞、弔電の扱い、料理の手配などを確認する。)

(p) 火葬についての確認(火葬場へ行く人数の把握や霊柩車および送迎車の確保)

(q) 世話役との打ち合わせ(葬儀・告別式での役割分担や棺を運ぶ人の手配。出棺後の後片付けなどの打ち合わせをする。)

焼香の順は喪主や遺族・親族が先に行ない一般参列者の順に進む!

通夜が始まり僧侶がお経を読んでしばらく経つと、葬儀スタッフの指示によって焼香が始まります。焼香の順は、喪主→遺族→親族→来賓→一般参列者の進んでいきます。地域や宗派によって異なりますが、お経を読む時間は30分~1時間ほどかかります。この間、参列者から挨拶されることがありますが、会話をせずに軽く目礼を行うのみにとどめること。

なお、通夜ぶるまい(会食)の準備ができているのであれば、来賓者や一般参列者が焼香を終えると宴席へ案内します。