自宅で危篤および臨終の場合、遺体に触れず直ぐに119番に連絡して!




自宅で急に倒れた場合、通常は救急車を呼ぶかもしくは最寄りの病院へ搬送して処置をしてもらうのが一般的です。

しかし、どうみても息をしていない状態であれば、119番に連絡してオペレーターに現在の状況を話し指示を仰いで下さい。

また、あきらかに亡くなっていると確認できる場合は、医師もしくは警察官が死亡の確認をするまで遺体に触れることができないので注意すること!

孤独死や不審死などを発見したとき、遺体に触れてしまい警察署で丸一日事情聴取されたり、最悪の場合、容疑者扱いされ原因が特定するまで拘置所へ拘留されてしまうことも考えられます。

119番の担当者が死亡と判断すると医師及び警察への連絡を指示する。

119番の担当者から医師を呼ぶようにいわれた場合

119番の担当者に自宅での状況を説明した結果、かかりつけの医師を呼ぶように指示を受けた場合は、速やかに医師に連絡します。

駆けつけた医師が、遺体の状況を確認して死亡判断を行い「死亡診断書」に作成するとようやく遺体に触れることができます。

医師の死亡診断書を受け取ると、左側にある死亡届に必要事項を記入して役所へ提出して火葬許可証の手続きをしたり、遺体を安置して葬式の準備を行います。

なお、かかりつけの医師がいない場合は、最寄りの病院に依頼して自宅に来てもらう医師を自分で探すことになります。

119番の担当者から警察に連絡するようにと言われた場合

119番の担当者に警察へ連絡するように指示を受けた場合は、直ぐに警察に連絡して駆けつけてもらいます。

警察官および警察医が遺体を検視して事件性があると判断された場合、所定の解剖施設へ搬送され死因の特定する

一般的に孤独死や変死などの場合、事件性ありと判断され死因の特定をするために解剖施設へ搬送されることが多い。

なお、警察官および警察医が遺体の検視を行って事件性がないと判断された場合は、死亡の事実を記入した「死体検案書」を作成してくれます。

家族は警察から死体検案書を受け取ると、左側の死亡届に必要事項を記入して役所へ提出し火葬許可の手続きをしてようやく葬式の準備を行うことができる。

※役所へ提出する死亡届は葬儀社が代行してくれることもありますが、ほとんどの場合代行手数料が発生しますが、ご自分で直接役所で手続きを行うと交通費のみ支出すればよい!

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ