僧侶が退場して閉会の儀へ進み葬儀や告別式を終えると、一般参列者は退場して会場の外へ、遺族および近親者は「お別れの儀」を行うため棺の前に集う!

生前の姿の故人と最後の対面であるお別れの儀をすませると、釘打ちの儀式を行い棺を霊柩車まで担ぎ出して火葬場へ移動します。

お別れの儀が始まるまで時間に空きがあれば、火葬場へ同行する人数や移動車両の台数を再確認して不備のないようにすること!火葬場で拾骨を済ませた後、再び葬祭場へ戻るのであれば葬儀担当者や葬祭場管理人に状況を説明して貴重品以外の大きな荷物は預かってもらうとよいでしょう!

「お別れの儀」では花や故人の愛用品を棺に入れて最後の別れを告げる

葬儀スタッフや遺族は、故人の頭が北へ向くように祭壇にある棺を下ろします。、棺の前に集まった遺族や近親者は、別れ花や故人の愛用品を棺の中に入れながら、故人と最後の対面をする。

その他に、想いを綴ったメッセージカードを入れても構いません!

最後の対面を終えると蓋が閉じられてしまうため、棺に納めたいものがあれば「お別れの儀」が最後のタイミングとなりこれ以降は蓋をあけることが出来ないので注意してください!

最後の別れ花
棺が祭壇の前に出されて蓋が開けられると、遺族や近親者は用意しておいた別れ花や故人の愛用品を遺体の周りに添える儀式。別れ花は祭壇に飾られている供花や事前に用意しておいた花を使います。花は葬儀スタッフがお盆に入れて用意するので遺族や近親者は手にとり故人のそばへ添えて下さい。

お別れの儀
[画像参照:T・Sセレモニー:ts-ceremony.com]

釘打ちの儀式をして、棺を霊柩車まで担ぎ入れたら喪主が挨拶を行う!

お別れの儀がすむと、棺を閉じるために小石で釘を打つ「釘打ちの儀式」をした後、6名ほどの人数で棺を葬祭場の外へ担ぎ出し、霊柩車に運び入れる。なお、棺の後には位牌や遺影を持った喪主や遺族が続いて葬祭場の外へ出て行く。

棺を霊柩車に納め終えると、葬祭場の外で待機している一般参列者に対して、喪主もしくは遺族の代表者がお礼のあいさつをして、火葬場へ向けて出棺します。

釘打ちの儀式
「お別れの儀」を終えると、棺を閉じるために釘打ちを行う。最初に葬儀スタッフが半分ほど棺に釘を打ち込み、続いて喪主や遺族が交代で小石で釘を打ち込んでいきます。状況をみて葬儀スタッフが最後の釘打ちを行い棺を完全に閉じる。※近年は釘打ちの儀式を省略されるケースが増えています。

釘打ちの儀式
[画像参照:葬儀前後の手続きナビ:sougigo-navi.com]
棺の搬出は遺族や近親者が行う!
遺族や近親者6人ほどで釘打ちの儀式を終えた棺を担ぎ出し、霊柩車へ運びます。なお、葬祭場が火葬場に隣接している場合は、ストレッチャーに棺を乗せて運びます。

出棺
[画像参照:葬儀前後の手続きナビ:sougigo-navi.com]
  • 霊柩車がクラクションを鳴らすのは何故?

    出棺の時に霊柩車がクラクションを鳴らすのは、火葬場まで一緒に行けない人に対する最後のお別れの合図として鳴らすとされている。以前、ラッパやドラを使って音を鳴らしていたのが、車のクラクションをに変わってきたようですが、音を鳴らすことについてハッキリとした理由は不明です。もしかするとうわさで広まった習慣がいつの間にか風習として根付いたのかもしれません!

    霊柩車のクラクション