QLOOKアクセス解析

葬儀後に行う遺品整理や親しい人に譲る形見分けの仕方と時期!




Sponsored Link

葬儀後は故人の持ち物や着ていた服などを整理して「保管するもの」と「処分するもの」および親しい友人または知人に譲る「形見分け」など、遺品の片付けを行います。

友人や知人および親族のなかには「遺品の整理は忌明け法要(四十九日)が過ぎてから」と話す方もいると思いますが、片付けを先延ばしてしまうとかえって気持ちの整理を遅らせることになりかねず、最悪の場合「鬱[うつ]」を患ってしまうことも考えられる!

なので、目の前に起こった「死の事実」をしっかりと受け止め感情の切り替えをする為にも、葬儀を終えたら速やかに遺品の片付けを行って気持ちを整理すること!

Sponsored Link

相続の対象となる遺品の処分および形見分けは相続人全員の
承諾が必要となる場合もあります。

遺品を片付けるときは、いくつか分類リストを作って仕分けを行うと整理がしやすくなります。例えば、①:残すものリスト、②:捨てるものリスト、③:知人に譲るものリストなど、3つのカテゴリに分類して仕分けをするものよいでしょう。

遺品の整理を行う時はいくつかリストを作って分類するとよい

遺品の仕分けがある程度進むと、処分する遺品や形見分けをする遺品の整理も目星がついてきますが、ここで多くの遺族は相続時の財産分与という問題が生じます。

故人の所有していた財産は価値の有無に関係なく相続遺産の対象となっているので、相続者全員の承諾を得ないまま勝手に処分したり形見分けを行うことはできません!

遺品の処分や形見分けは遺産分割が済んだ後に行うのが望ましい!

Sponsored Link

なので、財産分与が済んでから処分や形見分けを行ってください。とくに貴金属や骨とう品および絵画など金銭的価値が高い品物を相続前に処分および形見分けしてしまうと相続の権利を失ってしまうこともあるので気をつけること!

それと、故人の所得税については最低7年間の保存義務があるので処分しないように、また連絡先の書いてある住所録などはもしもの時に備えて保管しておきます。

形見分けのをする時期は宗教によって異なる

形見分けの時期について法的な縛りはありませんが、宗派や宗教によって渡す時期が異なります。仏教では忌明け法要(命日から数えて四十九日後)が済んでから、神道では命日から数えて1ヶ月後かもしくは五十日が過ぎてから形見分けを行う。

キリスト教では特に決まっていませんが、命日から数えて1ヶ月後や年が明けて最初の命日を迎えるころに形見分けを行う遺族が多いようです。

形見分けは包装せず、むき出しのまま譲るかもしくは半紙でくるむ

形見分けをする時は、原則むき出しのままで渡すようにして下さい。衣類などはクリーニングに出したり、着物などは洋服に仕立て直したり、バッグや小物にリフォームして渡すのもよいでしょう。

形見分けを辞退する時は遺族を傷つけないよう丁寧にお断りする!

その一方で遺品を渡される友人・知人もしくは親族は、遺族から「形見分けの申し出」があった場合は、相応の理由がない限り受け取るようします。ただ、どうしても申し出を断りたいのであれば遺族の気持ちに配慮して「遺品を見ると故人との思い出が蘇り辛くいので辞退します」など、丁寧に断るようにして下さい。

    

Sponsored Link
小さなお葬式


「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ