故人が厚生年金に加入している会社員や共済年金に加入している公務員だった場合で、一定の条件を満たした遺族は遺族厚生年金もしくは遺族厚生年金+α(加算分)分の金額を受け取ることができます。

遺族厚生年金を受け取るには、対象となる故人が①:厚生年金に加入中に死亡した場合、②:厚生年金の加入中に病院で治療した病気や怪我が原因で初診日から5年以内に死亡した場合、③:1級および2級の障害年金を受給している最中に死亡した場合、④:老齢厚生年金の受取人または老齢厚生年金の資格要件(※1)を満たした人が死亡した場合のいずれかの要件にあてはまる場合、遺族厚生年金を受け取ることができる!

遺族厚生年金を受け取る条件:被保険者(亡くなった故人)は以下の4つのいずれかに該当する事
①:厚生年金の被保険者である間に死亡したとき
②:厚生年金保険の被保険者である間に、怪我や病気が原因で始めて医師や歯科医師に診察を受けた日から数えて5年以内に死亡したとき
③:障害の程度が1級および2級の障害厚生年金を受けている間に死亡したとき
④:老齢厚生年金を受け取る権利がある人もしくは老齢厚生年金の受給資格要件(※1)を満たした人が死亡したとき

※1:老齢基礎年金の受給資格要件については平成27年度現在で「保険料を収めた期間が25年以上」となっていますが、消費税が10%にあがる平成29年4月には「保険料の納付期間を10年以上」と15年も短縮する予定なので、今後は未成年者を抱える配偶者で遺族年金を活用する人の増加が予想されます。

遺族高清年金を受け取ることができる遺族は、故人の収入によって生計を維持されていた配偶者[妻や夫※2]と子供や孫、もしくは55歳以上の両親や祖父母のいずれかに該当するものに支払われる!

遺族年金の種類と支給の対象となる遺族の範囲
①:遺族厚生年金+遺族基礎年金

子供のいる妻、子供のいる夫(※2)

②:遺族厚生年金+遺族基礎年金

子供(※3)

③:遺族厚生年金+中高齢の寡婦加算額

子供のいない妻

④:遺族厚生年金

子供のいない夫(※2)、両親(※2)、祖父母(※2)、孫(※3)

なお、遺族年金を受け取ることができる遺族は①>②>③>④の優劣がつけられており、順位が高い人へ遺族年金は支給されます。

※2:夫や両親および祖父母が遺族年金を受け取れる条件として、死亡時にそれぞれの年齢が55歳以上であること(年金の受給開始年齢は60歳からになります。ただし、夫は子供がいる場合に限り特例が適用される。)

※3:子どもや孫が遺族年金を受け取れる条件として①:18歳未満で結婚していないこと、②:20歳未満で1級もしくは2級の障害があり結婚していないこと。