遺骨を納める骨壷のサイズが関東と関西で異なるのは拾骨方法が違うから!




骨壷とは、火葬後の故人の遺骨やペットの骨を収納する専用の容器のことです。

基本的に葬式時に葬祭業者が用意するか火葬場で指定されている骨壷を購入して使用します!それ以外では、お墓を移動したり改装したときに古い骨壷から遺骨を移す目的で骨壷を購入するケースもあります。

価格については白瀬戸など広く普及している品物は1万円前後で手に入りますが、オリジナル品や大理石および純金などで作られた骨壷は高額になり最低でも100万円以上することがほとんどです。

骨壷のサイズの基準や呼び方には特徴がある!

骨壷は、昔の単位である「1寸[約3.8cm]」を使い骨壷の直径を計り大きさを表していて、2寸[7.6cm]~8寸[25.2cm]のサイズが用意されている!また、骨壷の数え方は、「一口[いっく・いっこう]」と呼び方をするのが特徴!

骨壷のサイズと使用地域の目安

骨壷は関東と関西ではサイズが異なっている

遺骨を入れる骨壷のサイズも関東と関西では異なっていて、関東では火葬したあとは骨壷に全ての骨を拾骨するので骨壷は6寸[18.2cm]以上のサイズが使うことがほとんど!一方、関西では、のど仏を中心に主要部分の骨のみを拾骨し、残りの骨は合同埋葬されます。なので骨壷は2寸[7.6cm]~5寸[15.5cm]のサイズが使うことが多い!

このため、お墓を建てるときに造るカロート[:骨壷を納める場所]も関東のほうが大きく造られています。

最近は、壷のデザインや使用している素材にこだわる人も増えている

ひと昔前と比べると、骨壷に対してこだわりを持つ人が増えていて、有名窯元に骨壷の制作を依頼したり、趣味で陶芸をしている人は骨壷を自作したり、大理石や誕生石もしくは純金など素材を重視した骨壷を購入する人が増えています。

時代の変化により、先祖代々のお墓である「家墓」が減少するなか、お一人様専用の「個人墓」や夫婦で入る「夫婦墓」など新しいお墓のスタイルが登場している!

現在は、お墓や骨壷にたいする価値観も多様化しており、良い物を求めたいと考える人は年々増加傾向にあります。ただ、素材や質にこだわりを持ち高価な骨壷を購入する際は、納骨する場所や管理方法について十分検討することです。高すぎる骨壷は盗難される可能性がゼロではありませんよ!

まぁ、生前にお墓や骨壷を購入した金額は相続税の対象から外れるので、税金対策として高額な骨壷を購入する人もなかにはいると思いますが・・・

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ