価格の安さに惹かれ墓石を購入した人のなかには、「お墓が傾いている」「建てたばかりのお墓がひび割れしてる」「メンテナスを頼もうとしたら連絡がつかない」など、お墓を建てたあとにトラブルに巻き込まれてしまうケースが目立ちます。

同じような品質やカタチであれば、少しでも安くお墓を建てたいと思うのが人情でしょう!しかし、お墓は建てて終わりではなく、定期的なメンテナンスを行う必要があります。また、納骨時に遺骨を納めるカロートの開閉を行うのも石材店に頼まないといけませんし、付属品を増やしたいと場合などにも、出来ることなら付き合いのある石材店から購入したほうが良いに決まっています。

そう考えると、お墓を建ててもらう石材店は長く付き合えることを前提に選ぶことが望ましい!

石材店の良し悪しは自分の目で確かめるしかない!

良い石材店を見極めるには、実際に墓地や石材店に足を運び話を聞いたり、建ててあるお墓を見たり手で触れることです。

何件か見ていくうちに、墓石の種類やお墓のカタチについて知識が蓄積されてくるので好みのお墓が見つかるはずです。また、墓地には建てたばかりのお墓や建ててから10年以上も経つお墓があるので、気に入ったタイプのお墓について年数経過後の変化の仕方を確かめる事もできます。

長く付き合うことを前提とするなら、石材店の雰囲気や店主、店員の人柄も重要な選択肢のひとつ、おおざっぱな説明しかしなくて、見積書も設計図もない、まして接客担当者がコロコロ変わる石材店に頼もうとは思いませんよね?

墓石やお墓についての知識が深く、質問に対して丁寧に受け答えをしたり、お墓造りに自信を持って話をする接客担当者がいる石材店であれば、安心感が伝わってくるものです。 

あとあと後悔しないお墓を建てるには、新聞のチラシや広告、インターネットで気になった墓地や石材店があれば、積極的に足を運び調べるクセをつけて下さい!最初は面倒に思えますが、慣れてくると墓地や石材店をたずねるだけでも色んな発見があり楽しいものですよ!

良い石材店を見極めるために抑えておきたい8つのチェックポイント!

  • 見積もりに細かい説明がある

    まだまだ多い、見積もりの不明確さ!価格のみで内訳に「お墓建立費一式」としか書いていないのはNG!費用の内訳が分かりやすく示され、お墓の設計図が添えてある石材店を選ぶようにして下さい!。また、現金?、振込?もしくはクレジット?などの支払い方法や支払う時期についての記載も確認すること!
  • 契約書を用意できる石材店を選ぶ

    契約書を交わさない石材店でお墓を建てた場合、言った言わないの押し問答になる可能性が高まります。それを避ける為にも、どんな仕上がりになるのか?納期や工事中の誓約および受け渡しの方法について取り決めをした契約書を交わすことが大切です。
  • 希望や条件について理解を示したり、助言をしてくれる。

    建てる建てないに限らず、依頼主の考え方や条件をしっかりと聞き、丁寧な対応をとる石材店でなければ、希望したお墓が建つことはありません!一方的に話をすすめる接客担当者がいる石材店は注意して!
  • お墓や扱う石材について詳しい知識を持っている

    お墓を建てるプロであれば、石材の特徴や、墓石の種類および加工方法、宗教ごとの決まりなどについて、専門的な知識を持っているのは最低条件です。質問しても「判らない」とか「知りません」などの返事しか返ってこないない石材店はやめたようがよいでしょう!
  • これまでに建てたお墓を見学できる

    石材店のなかには建てたお墓の写真を店内に張り出すところもありますが、できれば実際に建てたお墓を見に行くことをおすすめします。現地へ出向き、お墓を見たり触れたりすることで他の石材店の実績と比較することも可能!
  • 石材の種類が豊富で、色んな加工方法からお墓を選ぶことができる

    これは一概に言えませんが、石材の種類や加工方法が豊富だとお墓を建てるときの選択肢が広がります。ただ、お墓造りにこだわりを持つ石材店は、石材の種類や加工方法を制限するお店も存在します。
  • お住まいの地域で営業年数が長い石材店

    長く続くということは、周りの信頼が厚く実績もあることのあらわれです。墓石もその土地に適した石材を使ったり、地域の情報についても詳しいことが多い!
  • メンテナンスやアフターケアがしっかりとしている

    建てたお墓のメンテナンスやアフターケアがしっかりとしているのは、石材店選びで重要なことです。契約前に保証書の内容がどうなっているのか確認を忘れずに!