お盆は正式名称を「盂蘭盆会」といい、梵語の「ウランバナ」に日本語をあてた言葉で「地獄の責め苦から救う」という意味があります。

お盆には、亡くなった人の霊があの世から帰ってきて、家族や子孫とともに過ごす日とされ、時期は地方によって7月13日から7月16日までお盆の行事を営む地方と旧暦の7月もしくは8月15日の前後にお盆の行事を営む地方と分かれている!

お盆入りの前日には仏壇を清め、先祖の霊を迎える盆棚[:ボンダナ]を設けお供え物を準備します。お盆入り日の夕方、戻ってくる先祖の霊が迷わないように玄関や庭先で「おがら」を燃やして迎え火を焚きます。お盆明け日の夕方には、送り火を焚いて先祖の霊をあの世へ送り出します。

ただ、マンションやアパートによっては火を焚く行為自体を禁止しているところもあるので事前に管理者に確認するか、もしくはロウソクに火を灯し迎え火や送り火としてもよいでしょう!

故人が亡くなって初めて迎えるお盆は新盆供養を行います!

家族が亡くなって初めて迎えるお盆を新盆[:ニイボン]といい、四十九日の忌明けを迎える前にお盆を迎える場合は、翌年のお盆を新盆として供養を行う!

新盆には、故人の霊が初めて家に帰ってくるときなので、親族や友人を招待して労をねぎらい、僧侶にお経をあげてもらい、お墓参りをします。先祖が入っている家墓であれば、卒塔婆供養も忘れないようにして下さい!

家の入口や周辺には、故人の霊が迷わないよう、お盆の間は提灯を吊るしておくか、仏壇の脇に飾り、夜には明かりを入れて置きます。地方によっては親族が白い提灯に宗家の家紋を入れた盆提灯を贈るところもあります。

お彼岸は春分の日と秋分の日を目安にお墓参りに行き先祖供養をする!

お彼岸は、3月の春分の日と、9月の秋分の日を真ん中にして前後3日間を「彼岸会[:ヒガンエ]」といい、初日は「彼岸入り」、最終日は「彼岸明け」と呼ばれることが多い!

春のお彼岸は、春に咲く牡丹の花にちなんで「ぼたもち」を供え、秋のお彼岸には、秋の花にちなんで「おはぎ」を供えます。ただ、どちらも米とアンで作った「アン入り餅」なんですよ!

なお、地域によっては、肉を使わない精進料理を先祖に供え、家族も同じ料理を食べるところも見受けられます。