昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日の年にお墓参りをするのは、真西に沈む太陽のはるかかなたに見える阿弥陀様の「西方極楽浄土」に祈りを捧げ、故人や先祖が新しく生まれ変わることを願い供養を行うためといわれています。

お寺では、故人や先祖の供養とともに六波羅蜜[:ロクハラミツ]の教えを受ける彼岸会を行い、家族はお墓参りをして故人や先祖を偲びます。

質問者の写真
春分の日と秋分の日を中日として前後7日間が「お彼岸」となります。例えば3月21日が春分の日であれば、その3日前の3月18日~3月24日の期間がお彼岸の期間となるんですね!

解答者の写真
彼岸の由来について、日本には「暑さも寒さも彼岸まで」という言葉があり、春分・秋分の日は、春から夏にかけて、または秋から冬にかけてといった季節が変わる日とされ「中道」を重んじる仏教思想では、昼夜の長さが同じ日である春分と秋分の日に目をつけ彼岸を行うようになったといわれています。

  • 昼と夜の長さが同じ春分・秋分の日は仏教でいう「中道」の象徴
  • 真西に沈む太陽のはるかかなたにある「西方極楽浄土」に思いをはせて!
  • 米や麦などすべての穀物の植え付けや収穫の時期に豊かな実りを収穫できるように五穀豊穣を願いを込めて

お彼岸には、仏壇やお墓の掃除をして供え物の準備をしましょう!

春分・秋分の日が近づくと、仏壇を掃除したり、中にある仏具を磨きお彼岸を迎える準備を行います。供え物は春は、春の花「牡丹の花」にちなんで「ぼたもち」を、秋には「萩の花」にちなんで「おはぎ」を仏壇に供えます。地域によっては団子、のり巻き、赤飯などを供えることも。

お墓参りしたときは、墓石や敷地内、墓地の周辺を掃除して墓前に供え物をして供養を行います。この時、ぼたもちやおはぎと一緒に肉を使わない精進料理をお供え、家族は供えた物と同じ料理をいただく習わしもあります。

お墓参りをしたりお寺で「彼岸会法要」を行う!

春分の日や秋分の日にはお墓参りに行き、故人や先祖を供養します。通常はお墓参りのみに行って帰る人が多いようですが、期間中、ほとんどのお寺で「彼岸会法要」が開かれているので、お寺との付き合いがあれば参加してみては・・・

この時期の行われる彼岸会法要は、故人や先祖の供養だけではなく、この世を意味する「此岸」と浄土を意味する「彼岸」との関係についての話や仏教の基本である「中道」についての教えを授かることができる行事です。

何も持たないで気軽に参加しても大丈夫ですが、お布施を包むのであれば数2千円~5千円ほどの金額もしくは相当するお菓子などを持参するとよいでしょう!