仏具の中でも、宗派を問わず最低限揃える必要があるのが、線香や抹香をおく「香炉」・花を飾る「花立」・ロウソクを立てる「燭台」の3つです。

香炉・花立・燭台は三具足とよばれ、香炉に供えるお香は礼拝する人の心と身体を清め、花立てに飾る花はホトケ様の慈愛と忍耐を、燭台のロウソクに明かりを灯すのはホトケ様の知恵をあらわしているとの由来があります。

なお、三具足の配置は、香炉を中心に花立てを正面から向かって左側に、燭台を正面から向かって右側に配置します。

三具足

[画像参考:三具足:ぶつえいどう]

また、日々の礼拝には三具足を用意しておくだけで大丈夫ですが、法事や法要などの正式な儀式のときは、香炉・花立×2・燭台×2と計5つの五具足として用いるのが習わしとなっている!。

五具足の配置は、香炉を中央に配置し、その外側の左右に燭台を配置、さらにその外側に花立てを左右に配置します!

五具足

[画像参考:五具足:ぶつえいどう]

それぞれの仏具の意味と使い方

香炉

線香や抹香を焚くための仏具。宗派によって線香や抹香の炊き方が異なっている


香炉
[画像参考:香炉:ぶつえいどう]
花立

生花や造花を飾る為の仏具。供花の丈が高くならないように立てる!


花立
[画像参考:花立:ぶつえいどう]
燭台

ロウソクを立て明かりを灯す仏具。ロウソクは法事や法要によって使われるロウソクの長さや色が異なります!

燭台
[画像参考:燭台:ぶつえいどう]