葬式に包む香典の金額は付き合いの度合いや立場・年齢によって異なる!




葬式の時に包む香典の金額の相場については、住んでいる地域によって多少の違いはあるようですが、基本的に付き合いの度合い・立場および年齢によっても包む金額が異なります。

例えば、両親や祖父母・兄弟姉妹・親戚だと約2万円~5万円ほど、友人や会社関係者および挨拶程度の顔見知りであれば2千円~5千円ぐらいを包むケースが多いようです。ただ、物価の変動や葬式に対する価値観は時代により変化するため、香典の相場は一定ではありません!

香典に包む金額のひとつの目安として、葬式に参列した家族や友人から話を聞いたり、葬式を行った人に話しを聞いて現在の相場を確認するのもよいでしょう!

なお、お勤めの会社や住んでいる地域の自治会などで香典に包む金額を一律○○円と取り決めをしているところもあるみたいです。

香典に包む金額の目安を細かく分類してます、参考にして下さい!

質問者の写真
葬式に包む香典の金額は、住んでる地域や自身の立場および年令によっても違いがあります。

解答者の写真
両親:5万円~1千万円※家庭の事情により変化します!

祖父母や兄弟姉妹:2万円~5万円

親戚:1万円~5万円

友人・知人・隣の人および職場の同僚:5千円~2万円

あまりお付き合いがない人:3千円~5千円

なお、上記の金額はあくまで参考であり住んでいる地域やお勤めの会社・信仰している宗派になどによっても香典に包む金額は若干違いがあるので、気になるようであれば家族や友人もしくは会社の同僚などにさりげなく聞いてみるのもよいでしょう!

ご存知?香典は直接手渡しするのではなく袱紗に包んで渡すのが基本!

葬式で香典を直接手渡す人は多いと思いますが、香典は袱紗[:フクサ](贈り物の金品などを覆ったり包む方形の布)に包んで渡すのが正しいカタチです。

質問者の写真
香典の渡し方は至ってシンプル・・・

解答者の写真
①:まずは、葬式の受付で用意されている芳名帳に住所と氏名を記帳し

②:続けて、袱紗に包んだ香典を取り出して

③:受付の人へ相槌を打ち、表書きの名前を向けて両手で差し出します

その際、受付の人へ「この度はご愁傷様です!」とか「お悔やみ申しあげます」などの言葉を小声でかけてあげて下さい!

なお、香典を包む袱紗を持っていない場合は、代わりに小さめの風呂敷や地味なハンカチに包んで持参しても大丈夫です。葬式で香典を袱紗や風呂敷など包むのは、慶弔行事の金品を贈る時の儀礼としての役割や家族を亡くされた遺族へ気遣いや心配りを示す役割を担っています。相手を思いやる日本人ならではの気配りの方法なのでしょうね!

【ふくさ】京都 marimari ちりめん金彩刺繍入金封ふくさ慶弔セット 冠婚葬祭  日本製 【メール便不可】10P10Jan15
[画像参照:京都marimari:
ちりめん金彩刺繍入金封ふくさ]

友人や知人同士で香典に連名を記載するのは遺族を混乱させてしまう行為!

それと、香典の表に書く氏名欄に山田○○・井上○○・田端○○などと続けて連名を書くのは好ましい行為ではありません!

遺族は、芳名帳に訪れた人の氏名を記録して、後日四十九日法要後の忌明けの通知や年賀はがき辞退を通知する喪中はがきを送付します。連名だと、忌明けの通知や喪中はがきの送付先について、送り先が分からず遺族を混乱させてしまうので極力さけたいもの・・・

ただ、会社の所属部署や町内会・クラブのサークル仲間などで「○○一同」と香典に連名を記載するのは構いません!

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ