財産を残す親が率先して相続対策を行なうことで亡き後の争いは予防できる!




相続対策は財産を譲る親が率先して行なうべきである

最近では、「行列のできる法律相談所」など法律をテーマにしたバラエティ番組が人気となり、相続や遺言という言葉を見かける機会が多くなってきました。

ただ、相続や遺言に対する関心は増す傾向があるけれど、相続には基本「死」が前提となるので、親の死後の問題について子供から「どうこうしたい」などど言い出すのは難しいのが現状ではないでしょうか?

そう考えると、相続対策は財産を持つ親が主体となって進めるべきだと思います。

相続対策は、いろいろと面倒な手続きが多いものですが、親自身が誰にどのように財産を譲り渡すのか・・・明確なと意思表示をしておく必要が出てきます。

いざという時に慌てないためには、産を譲り渡す子供と緊密に連絡をとり、具体的な相続対策を行なうこと!

とくに、2人以上の子供がいる場合、ひとりにだけ相談するのではなく、子供全員の意見を聞きながら相続対策をとらないと、争いの火種の原因を作ってしまいかねません(汗)

ケースによっては、子供に相談せずに、弁護士や税理士などの専門家に頼んで相続対策を行なう事もないとは言い切れません!

対策は1日でも早いほうがよい!

相続対策は早過ぎるということなく、むしろ1日でも早い時期に始めることで財産を譲る側(親)と受け継ぐ側(子供)の双方とも納得いく内容におさまるケースがほとんどです。

財産を譲る側である親のなかには「相続=お金の話」と考えてしまい「うちはお金と縁がないから、相続は関係ない」と何の対策もしない方がいますが、大きな間違いですから(汗)

いいですか・・・事前に相続対策をしてこなかった家庭の多くは、財産を巡って相続人(子供)が揉めに揉めて親族間の関係が希薄になってしまうケースが後を絶ちません!

そうなるのを未然に防ぐためにも、財産を譲り渡す側(親)が先頭に立ち、早めの相続対策を行なう必要が出てきます!

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ