相続の開始は人が亡くなった瞬間に始まります!

相続は、財産の権利を譲渡する人(被相続人)と財産の権利を受け継ぐの人(相続人)がいないと成り立ちません!

そして、相続の開始の時期は、財産の権利を譲渡する人(被相続人)が亡くなったときに始まります。

※死亡が確認されていない場合でも、相続人が手続きを行い「失踪宣告」を受けた人は、死亡とみなされ相続が開始される!

相続と聞くと、家や土地などの不動産や預貯金など、プラスの財産を受け継ぐイメージが先行しがちですが、借金や損害賠償責任などのマイナスの財産も受け継ぐことになります。

ただ、相続開始の事実を知ったときから3ヶ月以内であれば、「相続放棄の手続き」を行い、受け継ぐ財産の権利を放棄することも可能!

被相続人が死亡したら、遺言書の有無を確認しておく!

相続の開始、つまり財産の権利を譲渡する被相続人が死亡すると、最初に確認しないといけないのが「遺言書の有無」です。被相続人が、法的効力のある遺言書を残しており、遺産の内容や分配方法が明確に示されている場合は、原則として遺言書の内容に従います。

その一方で、相続人全員の同意がなされた場合に限り、遺言書の内容に従わなくてもよい暗黙のルールも存在します!

気をつけてほしいのが、相続時に遺言書の有無を確認せず「遺産の協議分割」を行った場合で、後から遺言書の存在が発覚してしまうと、遺産分割をやり直す必要が出てくるので注意してください!

なお、遺産の分配方法については、相続人同士のトラブルを防ぐ目的で、相続人の受け継ぐ資格や順位、相続分などが細かく決めてある「法定相続」という方法で分配されます!

遺言書のないケースでは、受け継ぐ財産について、「誰が」「どの割合で」「どのような方法で」などを法律に従って決定される!

ただ、、相続人全員の合意を得ることができれば、話し合いによって「法定相続」以外の方法で財産を分配することも可能です。!

財産を相続する人の数と遺産の確認は必須!

相続の手続きを進めていくうえで、法定相続人の数を確認することはとても重要な作業のひとつです。これは遺言書の有無を問わず必ず行わなくてはいけません!

※法定相続人の数については、財産の権利を譲渡する被相続人の出産から死亡するまでの連続した戸籍を調べるとよいでしょう!

あと、被相続人の残した遺産の内容について、家や土地などの不動産および預貯金がいくらあるのかしっかりと調べてから相続税の申告をしないと、相続税の申告後に、未掲載の遺産があることが発覚してしまうと追徴課税されてしまうこともあるので気をつけること!