相続人になる人の範囲や遺産を貰える順位は民法で決められている!




相続できる人や財産を貰える順位については民法で決められてますよ!

法律(民法)では、両親もしくは親族などの被相続人が残した遺産について、相続人となる人の範囲や分配する順位があらかじめ決まっています。なお、あらかじめ決まっている相続人のことを、「法定相続人」といいます。

また、法定相続人には、死亡した夫や妻の配偶者に該当する「配偶者相続人(※)」と死亡した配偶者と血の繋がった、子や孫および親、兄弟姉妹、祖父母に該当する「血族相続人」とに分けられています。

※:被相続人の配偶者でも、法律上の婚姻関係にない内縁の妻や夫には相続権がありませんので注意して!

配偶者相続人となる夫や妻は、常に財産を受け継ぐ権利(相続権)を持っていますが、血族相続人である子や孫および親、兄弟姉妹・祖父母については立場や状況によって財産を受け継ぐ権利(相続権)がなくなるケースが出てくる場合がある!

血族相続人が相続できないケースでは、1:死亡した被相続人に配偶者とこともがいるとき、2:被相続人に配偶者はいないが子供がいるとき、この2つのケースの場合だと、被相続人の親や兄弟姉妹および祖父母は財産を受け継ぐ権利(相続権)がありません!

  • 相続できる人の範囲や財産を貰える順位は民法によって決められている!
  • 法定相続人は「配偶者相続人」と「血族相続人」に分けられている!

血族相続人が相続できるのは第1位~第3位までの系列の人のみです!

血族相続人が財産を受け継ぐ為に重要となる順位については、被相続人と血の繋がった子供や孫が第1順位、ついで被相続人の両親および祖父母が第2順位、最後に被相続人の兄弟や姉妹が第3順位と区別されています!

なお、財産を受け継ぐ権利は、常に第1順位が優先され、第1順位の相続人がいる場合は、第2順位および第3順位の人は遺産の相続が出来ません!

第1順位に該当する人がいない場合は第2順位の人に相続権が与えられ、第1順位および第2順位に該当する人がいない場合に第3順位の人が相続権を与えられます!

法定相続人の範囲と順位

第1順位に該当するのは、被相続人の子や孫

血族相続人の第1順位に該当するのは、被相続人の「子」で、「子」には嫡出子、非嫡出子、用紙、胎児、代襲相続の孫および曾孫が含まれます!

第2順位に該当するのは、被相続人の両親や祖父母

血族相続人の第2順位に該当するのは、被相続人の両親や祖父母で、被相続人に子供がいない場合は、両親に相続権を与えられ、両親がいなければ祖父母が相続権を与えられます!

なお、第2順位に該当する両親や祖父母が相続権を与えられるのは、被相続人に第1順位(子供や孫)がいない場合のみに限られる!

第3順位に該当するのは、被相続人の兄弟姉妹

血族相続人の第3順位に該当するのは、被相続人の兄弟や姉妹で、異母兄弟姉妹、異父兄弟姉妹などの半血兄弟姉妹も含まれます!

なお、第3順位に該当する兄弟姉妹が相続権を与えられるのは、被相続人に第1順位(子供や孫)や第2順位(両親および祖父母)がいない場合のみに限られる!

  • 被相続人の配偶者と子供は常に財産を受け継ぐ権利(相続権)を与えられる!

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ