故人が残した財産を相続人で分ける場合、『遺言書の指示』による分割方法と『法律で定めた法定相続分』による分割方法の2つがあります。

当然、故人が遺言書を残していない場合や、遺言書に不備がある場合は法定相続分を参考にして遺産の分割協議を行わなければいけません!

遺産の分割方法は、遺言書の有無で異なる!

遺言書がない場合や遺言書に相続分や遺産分割方法の指定がない場合は、民法による相続分の定め『法定相続分』に従って遺産分割協議を行います。

法定相続による遺産分割では、相続人が引き継ぐ遺産の比率が決められており、相続人の種類(配偶者・子供・両親・兄弟)や人数によっても引き継ぐ遺産の比率が異なってくる!

例えば、相続人が配偶者1人のみであれば配偶者が全財産を受け継ぎますが、配偶者と子供・配偶者と被相続人の兄弟などのように、配偶者と血族相続人がいる場合は、血族相続人の人数と順位によって受け継ぐ財産の比率が変化します!

  • 遺言書がある:遺言書の指示に従い遺産分割を行なう!
  • 遺言書がない:民法の法定相続分に従い遺産分割協議をして遺産を分ける

遺産を受け継ぐ法定相続人とは・・・

被相続人が残した遺産を受け継ぐ権利がある法定相続人とは、被相続人の妻もしくは夫である配偶者『配偶者相続人』と被相続人と血縁関係のある子供(第1順位)・両親(第2順位)・兄弟姉妹(第3順位)の血族『血族相続人』をいいます!

法定相続による遺産の分割には、最初に法定相続人が誰であるのかを調査することからはじめます。なお、法定相続では配偶者は相続人として常に半分以上の財産を受け継ぐ権利を有している!

遺産を受け継ぎ方として

  • ①:被相続人に子や祖父および兄弟姉妹など血族相続人がいなければ『配偶者』が全財産を受け継ぎます
  • ②:配偶者の他に子・もしくは孫があれば『配偶者と子(孫)』
  • ③:配偶者に子供がなく被相続人の両親(祖父母)がいる場合は『配偶者と被相続人の両親
  • ④:被相続人に子供がなく両親も他界している場合で、兄弟姉妹がいる場合は『配偶者と兄弟姉妹

が指定された比率に従って遺産を受け継ぎます。

配偶者のみが相続する場合

遺産を受け継ぐ相続人が被相続人の配偶者(妻もしくは夫)のみの場合は、当たり前ですが配偶者が全ての財産を引き継ぐことになります。

ただし、配偶者とは戸籍上の婚姻関係にある場合をさすので、内縁関係の場合は、同居年数の長さに関わらず財産を受け継ぐ相続権は発生しませんよ!財産が欲しければ役所へ婚姻届を提出して戸籍上でも妻もしくは夫となる必要がある!

相続での配偶者の立場は子や両親と比べると極めて優位であるのは間違いありません、そして、その立場を悪用した事件が2013年に発生した京都毒殺事件ではないでしょうか? 

筧さんの妻である千佐子容疑者は、配偶者の立場を利用し遺言公正証書に『全財産を妻に譲る』などと旦那に書かせたあげく、青酸カリを使用して夫を殺害した容疑で逮捕された。また、筧千恵子容疑者は、この事件の他にも余罪があるとされ取り調べの結果、過去の不審死にも青酸カリを使用した痕跡が認められたとして再逮捕されています。

怖いですね・・・(汗)相続問題には、親族間のトラブル以外にもこのような事件に巻き込まれる危険性があるということを知ったうえで、対策を練ることは大切なことではないでしょうか?

配偶者と直系卑属(子供や孫)が相続する場合【第1順位の相続】

被相続人に配偶者と子もしくは孫(直系卑属)がいる場合は、それぞれ2分の1の遺産を相続することができます。この場合、子供や孫が複数いるのであれば、2分の1を頭数で等しく分けることになります。

なお、死亡や離婚により配偶者がいない場合は、子供が全遺産を等しく分けることになります。また、配偶者と子供がいない場合は、孫が遺産を受け継ぐ権利と受け継ぐことになります。(代襲相続)

また、被相続人が死亡した時、妻が妊娠中の場合、胎児には嫡出子(婚姻関係のある間に生まれた子供)と同じ相続分が認められている。ただ、胎児は生まれてから始めて相続権を得ることができるので 、遺産分割協議は出産後に行なうことが一般的!

※1:子連れで再婚した場合で、連れ子を戸籍にいれている「養子」の場合は夫婦の間に生まれた子供「実子」と同比率の相続権がありますが、連れ子を戸籍に入れていない場合は、「実子」の半分しか相続権が発生しません!

※2:非摘出子(婚姻関係のない間に生まれた子供)が相続する場合は嫡出子の2分の1の取り分しか遺産を相続することができるが、これには条件があり、被相続人が非嫡出子を「認知」することが条件です。

非摘出子と母親との関係は常に親子関係を認めることが出来ますが、父親との関係では、亡くなった父親の子であることが認知されていなければなりません!

被相続人が認知を拒んでしまうと、非嫡出子に相続権は発生しないので遺産を受け継ぐことができないんですね(汗)!

配偶者と直系尊属(父母や祖父母)が相続する場合【第2順位の相続】

被相続人に子や孫などの直系卑属がいない場合は、被相続人の直系尊属である父母もしくは祖父母が、配偶者と遺産を分けることになります!

この場合、配偶者が遺産の3分の2を受け継ぎ、残りの3分の1を父母もしくは祖父母が受け継ぐことになる!

なお、被相続人に配偶者がいなければ被相続人の父母が、父母がいない場合は祖父母が全財産を受け継ぐ!

配偶者と兄弟姉妹が相続する場合【第3順位の相続】

被相続人に子や孫(直系卑属)や父母(直系尊属)がいない場合で、被相続人の兄弟姉妹がいる場合は、配偶者と被相続人の兄弟姉妹で遺産を分けることになります。

この場合、配偶者が遺産の4分の3を受け継ぎ、残りの4分の1を兄弟姉妹の頭数で等しく分けることになる!

なお、異母兄弟姉妹(父親が同じで母親が違う腹違いの兄弟姉妹)の相続分は、兄弟姉妹の2分の1となります。

直系卑属や直系尊属のケース同様、被相続人に配偶者がいない場合は、兄弟姉妹が全ての財産を受け継ぐ!