婚歴20年以上の夫婦に認められる配偶者特別控除の上限は最高2千万円!




何の見返りもなしに、財産の一部もしくは全部を譲り受けることを贈与といい、贈与によって譲り受けた財産には一定の税金(贈与税)が発生します!

当然ですが夫婦といえど、タダで財産を譲り受けた場合は、贈与税を納めなければいけません!

ただ、戸籍上の婚姻関係が20年以上であれば、『贈与税の特別控除』が適用されるので、贈与により取得した財産のうち、2千万円までは課税対象から外すことができます。

『特別控除』は配偶者の住居に関係する贈与のみ対象!それ以外は適用不可。。。

なお、贈与税の配偶者特別控除には制限があり、①:配偶者自身が住むための土地や建物の贈与、もしくは②:配偶者が居住する目的で新しく土地や建物を購入する資金に関連する贈与など、配偶者が生活する場所を確保する為の贈与でなければ控除が認められないことになっている(-_-;)

また、贈与による配偶者特別控除の特例が適用されるのは、1度限りとなっています(泣) 残念ながら。。。2度目はありません!

配偶者に適用される特別控除の上限は2000万円まで!

配偶者の特別控除によって2000万円までは贈与税の対象から外れます。

例えば、配偶者が贈与によって取得した不動産の評価額が3000万円とすれば、3000万から特別控除額の2000万を引いた残りの1000万についてのみ課税される!

ただ、残りの1000万円の部分にも110万円の基礎控除が受けれるので、1000万から110万を差し引いた890万が贈与税の課税対象となります。

なお、控除を受ける場合は、贈与税の申告を行なうときに、「適用を受ける旨」を記載して、指定された書類を提出しなくてはいけません!

配偶者が財産を取得する場合、ケースによっては、相続による取得のほうが支払う税金は少なくなる!

配偶者が贈与を受けた年に、贈与者である被相続人が死亡した場合、申告の期限までに贈与税および相続税のどちらかを選択して納税しなくてはいけません!

その一方で、贈与から3年以内に贈与者である被相続人が死亡した場合、贈与された特別控除の対象となる不動産や住宅購入資金は「特定贈与財産」に認定され相続税の課税対象から外れます。

なお、さきほども書きましたが、贈与税の特別控除を申請した場合、税金は発生しませんが、贈与で不動産を取得した場合、3%の不動産取得税(贈与のみ)課税の他に、2%の不動産登録免許税が取得した不動産の価値に対して課税される!

一方、被相続人の死後、相続によって受け取った財産については「配偶者の税額軽減」を利用すると、①:1億6千万円もしくは②:配偶者の法定相続分額のどちらかに当てはまる場合、相続税がかかりません

ただ、相続によって取得した不動産については、登録免許税が0.4%課税されます。

  • 配偶者の特別控除は戸籍上で婚歴20年以上の夫婦に限り利用できる!
  • 特別控除が申請できる財産は、配偶者の生活拠点となる不動産を取得した場合に限る!
  • 取得した財産のうち2000万までが特別控除の対象となり、それ以外の財産については贈与税がかかる
  • 配偶者が無償で財産を受け取る場合、贈与よりも相続のほうが課税額がが少なくなる傾向に。。。
    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ