土地の価格は「一物四価」とよばれ、ひとつの土地に4通りの価格があり、取引の内容によって価格が変動します!

  • 実売実例価格
  • 地価公示価格
  • 相続税評価額
  • 固定資産税評価額

自分の土地を「売りたい」もしくは家を建てる目的で土地を「買いたい」など、実際に売買するときには①:実売実例価格(取引上の実勢価格)を参考にします。

実売実例価格は、国土交通省が毎年発表する、②:地価公示価格(一般の土地の取引価格の目安)を参考に売値や買値が決定される!

次に、前年の地価公示価格をもとに、国税局が対象となる土地周辺の売買実勢価格を参考にして算出するのが③:相続税評価額(路線価)で、主に市街地の土地に設定されている!※相続税評価額は路線価の8割程が基準となっています!

最後に、固定資産税や住宅購入時の不動産取得税などの算出の基準となるのが④:固定資産税評価額で、公示価格の7割程度が目安となっている!

土地には、宅地・農地・山林。。。など、様々な種類があり、それぞれ種類によって評価の仕方が異なっています。

参考までに、宅地の場合だと。。。人口密度の高い市街地では「路線価」を基に評価額を計算する『路線価方式』でを採用してますが、郊外・農村部では、国税庁が定めた「固定資産税評価額」に一定の倍率をかけて評価額を計算する『倍率方式』を採用している!

  • ひとつの土地に対する評価方法は4つ(実勢・地価公示・相続税・固定資産税)
  • 土地の種類が異なれば、評価の仕方も変わるのが常識!
  • 宅地でも、市街地と郊外・農村部では評価の仕方が全然違う!