親が残した遺産を受け取るには、「遺言書相続」か「法定相続」のどちらかを選ぶ必要があるよ!




親が残した自宅の土地や建物、預貯金および骨董品などの遺産は、手続きなして受け取ることも出来ます。

ただ、親の死亡した日の翌日から数えて10ヶ月以内に、相続税の申告および納付の手続きを行わないと、強制的に高い延滞税と加算税(罰則金)を支払うハメになってしまう(~_~;)

ちなみに、延滞税や加算税の最高課税額って相続財産の95%に相当するよ、例えば、あなたに1000万円の相続財産があった場合、期限を超えても相続税を支払わず、且つ、税務署からの連絡を無視し続けた場合、約950万円の課税額があなたに降りかかってくる(ToT)

相続財産が現金であれば、すぐに支払うことができるけど、土地や建物など不動産の場合、借金して相続税を支払わなくてはいけなくなるの。。。

税金の取り立てに至っては、そこらへんの消費者金融よりもたちが悪くて、無視や違反行為をした人の財産は、国家権力を駆使して財産を根こそぎ、かっさらっていくからね(~_~;) 気をつけたほうが良いよ!

税務職員なんて、優良納税者には笑顔だけれども、税金滞納者にはねちっこく支払いをまくし立てるから(´Д⊂グスン

なので・・・・ 親の残した財産を受け取ったときは、相続税の申告と納付を期限内に済ませたほうが無難!

遺産の分割方法は法で定められた法定相続と親が残した遺言書相続がある!

親や兄弟が残した財産を相続する権利、つまり、財産を貰う権利がある人のことを法律用語で、法定相続人とよんでいます!

この法定相続人には、亡くなった親の配偶者(妻や夫)と子供などが該当する!

法定相続では事務的に財産分配が行われる

法で定められている法定相続では、あらかじめ法定相続人の貰う額の上限が決められており、それに従って財産を分割することになる!

ちなみに、法定相続では、家庭の事情について配慮することなく事務的に相続分割が行われていくよ! 

親の感情が入り乱れているのが遺言書相続

いっぽうで、親が遺言書を残している場合は、さきほどの法定相続とは違い、遺言書を書いた親の遺志に沿って財産を分割していく

つまり、遺言書相続では、遺言書を書いた親の気持ちが反映された財産分割が可能な反面、偏った財産分割になりがちな面もある!

ただ、あまりにも偏った財産分割だった場合に限り、貰えなかった相続人に対して、最低限の財産を請求できる権利「遺留分」が与えられることもある!

親の残した財産を貰う場合、『法定相続』『遺言書相続』のどちらの相続でも、貰う側である法定相続人には、貰う財産の金額を決定する権利は無いんだ(´Д⊂グスン

欲しけりゃ 自分で稼げってか(汗) やはり、地道に働くしかお金を得る方法は無いのかもしれない(ToT)

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ