相続で、遺産を獲得するには、書類作成や所定の手続きを行なう必要があり結構面倒くさい!




被相続人にである親や兄弟が亡くなり、相続が発生した場合で、あなたが財産を貰う予定であれば、遺産の額や種類、あなた以外の相続人の数などについて、細かく一覧表を作成する必要が出てきます。

ただ、この一覧表を作る作業がとぉっっっても面倒くさいっ(-_-;) 

遺産が自宅のみで法定相続人が2人以下であれば、リストの作成は比較的カンタンだと思いますが、自宅の他に不動産をいくつか所有し、複数の金融機関に証券や預貯金の名義を持っている場合を想像してみて下さい!

とてもじゃないが、ひとりで一覧表を作成するには限界があると身を持って知ることになってしまう。。。。

それに、先ほど挙げた一覧表の作成以外にも、必要に応じて以下のものを用意しなくてはなりません!

①:土地賃貸契約書(第三者に土地を貸している、第三者から借りている場合)

②:建物賃貸借契約書(第三者にアパートやマンションを貸している、第三者から借りている場合)

③:土地の登記簿謄本

④:贈与契約書(生前もしくは遺言書によって贈与を行う場合に、第三者と交わす契約書)

⑤:贈与税申告書(贈与の事実があったさい、税務署へ提出する書類)

⑥:贈与税領収書(相続税を控除するために必要)

⑦:所得税申告書

⑧:固定資産税と住民税の納税証明書

⑨:生命保険証書(被相続人に保険加入の事実がある場合)

⑩:葬儀関係費用領収書(相続税の控除に使用する)

⑪:戸籍謄本および印鑑証明書(被相続人および法定相続人の人数分を用意する)

⑫:遺言書(被相続人が残してある場合)

どうでしょうか? とっても面倒くさい・・・・手続きだよね(~_~;)

けれども、親や兄弟が残した遺産を貰うためには、絶対に乗り越えなくてはいけない壁なんですね。。。

なので。。。。 金が欲しいならアレコレ言わずに、黙々と書類を作って提出しろっ(;^ω^)

そうすることで、遺産があなたの手元に入ってくるよ!

ちなみに、全てをあなた自身で行う必要は一切なく、弁護士や行政書士および税理士など、その道のプロに一任してしまえば、面倒な作業を肩代わりしてくれます。

もちろん、タダではありませんよ! 当たり前だろ、あなたが面倒と思っている手続きを肩代わりすんだから、ある程度のお金をむしり取られることは覚悟すること(~_~;) 

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ