ずいぶん前のことですが、私の祖母が亡くなくなり、彼女の自宅にある不要品を片付けているとき「あれ?私って、自分の親が亡くなった場合、財産を貰う権利って、あるのかな?。。。」と、ふと頭によぎったことがありました。

多分。。。自分の両親と叔父や叔母が、祖母の財産を巡って処分の仕方や、分配方法について話していたのを耳にしたからでしょうか?

ただ、当時の私は、高校生だったこともあり、疑問を解決するには至りませんでしたけどね(_ _;)

あれから時間がたち、私はパートナーとの間に、二児の子供ができ、忙しくも楽しい毎日を過ごしているんですが。。。 

最近、老後の暮らしや終活などをテーマにしたテレビ番組を目にすると、忘れていたあの日の出来事が蘇っちゃいました。。。。

でっ、このさい頭の中を整理しちゃおってことで、気になってた「相続時に財産を貰える人とそうでない人」について調べてみたよ! よければ参考にしてくださいね!

最初に、相続を分かりやすく説明すると、「死んだ人のお金を、繋がりのある人だけで分配しましょ!あっ 国に納める税金はちゃんと払うんだよ!財産の額を誤魔化したり違法行為を働いたらぶっ殺すからね・・・わかった? 」ということらしい。。。簡単でしょ(;・∀・)

死んだ人の財産を貰えるのは、その人の①:配偶者か②:血縁関係にある者

でね、、繋がりのある人って、2タイプに分かれるの!

①:ひとつはあなたと親もしくは兄弟といった血の繋がりのある者、②:もうひとつは、あなたと婚姻関係・・・つまり「婚姻届を提出して戸籍上は結婚してますよ」って証明ができる者。

つまり、あなたが財産を相続することが「出来る」か「出来ない」かは、あなたと被相続人との繋がりが「有るのか」それとも「無いのか」によって決まるのさっ!

そうそう、運良く財産を相続することが出来るとして、遺言書に「あなたに財産を全部譲る」と書かれないかぎり、あなたが貰える財産は、多くて全財産の2分の1ぐらいだと考えておくほうが無難・・・ つまり、安易な期待は幻滅するだけなのでヤメといたほうが無難ってこと!

いいじゃないですか~ タダで手に入るお金があるだけでも、「貰えるだけありがたい」そういった気持ちでいたほうが得ですよ!

余談になりますが、あなたの親や兄弟もしくはパートナーが亡くなった場合、法律上、被相続人という言葉で表すんだよ! 覚えといてね!

血の繋がりのある者(血縁関係)の相続人って誰?

血縁関係のある相続人っていうのは、亡くなった親・兄弟もしくはパートナーの①:子供・孫・ひ孫(直系卑属)、②:両親・祖父母・曽祖父
(直系尊属)、③:兄弟姉妹に当てはまる人のことなんだよ!

でね、血縁関係の相続人には、財産を相続できる優先順位が民法によって決まってるの!

どーいうことかというとね、被相続人に子供(直系卑属)がいない場合は、両親(直系尊属)が財産を相続できる仕組みになってるんだ!

ついでに説明すると、被相続人が独り身の高齢者で、生涯、子供(直系卑属)をつくらず、既に両親(直系尊属)も他界しており、兄弟姉妹のみがいる場合は、兄弟姉妹が財産を相続することになる!

婚姻関係のある者の相続人って???

まっ 文字通り婚姻関係とは、結婚しているパートナーの事を指し、あなたの夫もしくは妻をいいます!簡単でしょ!

でもね、気をつけて欲しいのが、法律上でのあなたとの関係!!!

例えば、「結婚して、何十年も一緒に住んでいます」ってケースでも、役所に婚姻届を出してない場合、被相続人の財産を受取る資格がありません!

「えっ どういうこと???」って思ったあなた、時間があるときでよいので、住民票がある市区町村まで足を運び、あなたとパートナーの戸籍謄本を調べてみて下さい。

そのさい、戸籍に「結婚の届出(入籍)」の事実があれば、被相続人の財産を相続できるので安心して(`・ω・´)ゞ

反対に、戸籍に「結婚の届出(入籍)」の事実がない人は、残念ながら財産を相続できる可能性はゼロに等しい。。。。

なので、対策としては、パートナーが生きていれば、早急に入籍届けを提出しておくこと! それが出来なければ、遺言書に「パートナーに○○円を相続する」など一筆書いてもらいましょう!

すでに、パートナーが亡くなってしまった場合、残念ながらあなたが財産を受取ることはできないと考えて下さい!

いいですか、カタチ上は結婚している「内縁の妻もしくは夫」や「愛人」は、相続人になれませんからね、きつい言い方になりますが、「金が欲しけりゃ入籍しろ」ってこと!

それと、相続開始前に離婚した前妻や前夫も、残念ながら相続人にはなれないよ(_ _;)

いっぽうで、相続開始時にパートナーの妻もしくは夫であれば、その後、別の人と再婚しても、相続人として財産を相続できる!

まぁ、法の抜け道てきな感じですね、いいですか・・・ 「パートナーと別れたい、だがお金も欲しい」のようなケースでは、パートナーが亡くなるまで辛抱強く我慢して、相続が始まってから着々と離婚の準備をしても遅くないってこと(~_~;)

あなたが、世間体を気になさらないのであれば、容赦なく実行してみれば良いかもしれませんが、私はすすめません(´Д⊂グスン

だって、そんな関係ってパートナーがあまりにも可哀想じゃないですか。。。。 なので、私としては妄想だけにしておきますΣ(´∀`;)エンリョ