あなたが愛人の子供である場合、親の財産を相続するには、親の戸籍に入る必要があるんだよ!

そうしなければ、親の財産を1円たりとも相続することができません(_ _;)

残念な話ですが、愛人や内縁の妻との間に生まれた子供には、最初から財産を相続する権利がついてくることはないんだよ!

親の財産が欲しけりゃ、親を説得して戸籍に入れてもらうしかないの(~_~;)

不都合な真実だよね! 生まれた境遇が本妻か愛人かによって相続する権利さえも違ってくるなんて。。。

でもね、日本の法律では、本妻と愛人(または内縁の妻)とでは、どうしても本妻の子供が有利なケースがほとんどなの!

あと、本妻の子供でない場合、運良く戸籍に入れたとしても、相続によって受け取る財産は本妻の子供の半分しか貰えないよ!

たとえば、1000万円を相続する場合、本妻の子供が2人、愛人の子供が1人のケースでは、本妻が受け取る財産は500万円(全体の2分の1)、本妻の子供は、それぞれ200万円(約5分の1)ずつ受け取り、そして、愛人の子供は、100万円(本妻の子供の10分の1)を受け取ることになります!

冷たい言葉かもしれませんが、あなたが愛人もしくは内縁の妻との間に生まれた子供の場合、財産を相続する権利を得ただけでも良しと思うこと!

決して、自分の境遇をマイナスに受け止めてはいけませんよ! 今の自分があるのは、カタチは違えど親という存在があったからでしょう!

過去を振り替えって、人生を後悔するよりも、今から先の未来に希望を託して、一歩ずつ前に進んでいくことで、必ずあなたが望む道が開けるってものです。

いいですか・・・、あなたが自分自身で稼いだお金の価値に勝るものはありません! 絶対に( ´∀`)デス!

ということで、どうせなら父親の財産以上に稼いで母親孝行しちゃおーよ!

えっ 母親も不貞楽(~_~;) それならば、あなた自身のために。。。じゃぁダメかな(ToT)