突然ですが『相続ってなにするの』って聞かれたら、あなたはなんて答えますか?




『相続ってなにするの?』との問いかけに、あなたならどう答えますか?

ちなみに、模範解答では、次のように解答しています!


「相続とは、ある人が死亡したとき、その人の財産を一定範囲の親族に受け継がせること!」

参考:相続税・贈与税の基礎知識

模範解答では、少し固い言いまわしになってますね? もっと噛み砕いて説明するとしたら「相続とは、あなたの両親やパートナーが亡くなると発生する権利で、あなたやその家族が優先的に財産を受け取る反面、国に相続税を納めなくてはいけないわよ!」ってこと!

おや? 自分の両親や配偶者の財産を受け取ることは分かるけど、国に税金を納めなくてはいけないなんて、聞いてないよ(-.-;)イライラ

「なんてこった??? 私だって多少なりとも、パートナーの貯蓄に貢献したワ! それに、毎年、市民税も所得税もキチンと納めているのに何?この仕打ってあんまりじゃない?」

と考えているのは、あなただけじゃありません! ただ、市民税や所得税は相続税とは関係のない税金なの(~_~;)アセアセ!

相続税は、死んだ人の財産にのみ発生する税金のこと! 要するに、国はね、あなたから、もっとお金を、搾り取りたいの(´Д⊂グスン

あっ 今、あなた、「受け継ぐ予定の財産を隠してしまえバレなければ大丈夫!」って考えたでしょ?

チッチッチッ 甘いですよ、チョ~ アマちゃんですよ! あなたが相続税の申告や納付をしなかったり、虚位の報告(嘘つくこと)や財産の申告漏れをヤっちゃうと、最悪の場合、加算税や罰則金が課せられて、受け継いだ財産の95%を国に没収されちゃうことも・・・

国税局の税務調査をナメたら大変な目にあいます(~_~;)アセアセ! くれぐれも不正行為だけは、手を出さないこと!

分かった? 「えっ そんなこと知るか!」って? はい、はい、いるんですよ! あなたのように無茶をしたがる人って、まっ 危険を覚悟で挑戦するのは、あなたの自由ですので、どうぞ、ご勝手に。。。とりあえず、わたしは、忠告したからね!

相続は何時から始まるの?「死亡日?」それとも、「死亡届を提出した日?」

ところで、「相続が、両親やパートナーの財産を受け取る権利が発生するのは理解できたんだけど、相続のはじまる日って何時なの?」って思いません?

相続は、どのタイミングで始まるの? 両親やパートナーが亡くなった日から? それとも死亡届を提出した日から?

模範解答では、「両親やパートナーが亡くなったと判断された日」と記されているんだけど、死亡に関する判断基準が曖昧なケースが多いのが実情だよ!

例えば、一人暮らしの親が心不全を起こして亡くなった場合で、発見されたのが死亡してから3日後だったとします!

このケースの場合、一人暮らしの親の死亡日が、発見日よりも3日前だと判明しているのにも関わらず、検察医が遺体を引き取り、死亡解剖を終え、死亡検案書を発行した時点から『相続がはじまる』ことになる!

ちなみに、『死亡届』と検察が発行する「死体検案書」や医師が発行する「死亡診断書」は全く別ものだからね!

参考までに、今年の12月1日に病気療養中のあなたの両親が亡くなり、当日、医師が死亡診断書を発行した場合、その時点で両親の所有していた財産は、相続権を持つあなたに引き継がれるよ!

よく間違えるケースとして、市区町村役場に提出する死亡届の日を「相続のはじまった日」と勘違いする相続人がいるから、注意すること!

いいですか? 「相続のはじまる日」は、医師や検察医が死亡診断書および死体検案書を発行した日ですよ! 市区町村役場に「死亡届」を提出した日ではありませんからね!

わかった? そこのあなたっ そうっ あなただよ! いるんだよね、適当に記事を読んで、知ったかぶりする人って。。。 

ほんと、読んでくれるだけで、チョ~ありがたい存在なんだけどさ(≧▽≦)アリガト!

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ