冒頭から不謹慎な話でスミマセン・・・、そーゆう記事なもので。。。

とりあえず、話を進めさせてもらうね~_~;)アセアセ

あなたのパートナー(夫もしくは妻)が勤務先で不慮の事故に合い、運悪く天国へ旅立ってしまったとします。

当然、あなたにのフトコロには埋蔵金・・・違った(~_~;)アセアセ 死亡退職金が転がり込んでくるはずなんだよ!

でね、死亡退職金の受取人に、あなたが指定されているのであれば、相続財産とはならないので、全額自由に使うことができる!

ちなみに、あなたのパートナーが死亡退職金の受取人にあなた以外の人も指定していた場合は、指定された人数で死亡退職金を折半することになるよ!

そうではなく、あなたのパートナーが、死亡退職金の受取人を指定していなかったケースだと、相続財産として法定相続分に従って分配されることになってしまう!

なので、図々しいかもしれないけれど、あなたに幼い子どもがいるならば、養育費の代わりとして死亡退職金を活用したほうが、少しは生活も安定するだろうから、パートナーに受取人の指定をお願いすること!

背に腹は代えられないからね(~_~;)アセアセ

金は無いと困るけど、合っても使いみちには、困らないから(_ _;)ムムー 

それとね、相続によって受け取った死亡退職金は相続税の課税対象となっているんだ!

つまり、500万円×相続人の数を超えた額は、相続税が課税されちゃうってこと!

例えば、相続人が5人いる場合、計算すると500万円×5人で2500万円となり、あなたが受け取る死亡退職金の額が2500万円以上であれば、相続税を支払う義務が生じてしまうんだ(´Д⊂グスン

残念だよね? 悔しいよね? 相続税払いたくないよね? 

だからといって、払わない選択肢はないだろ? 偽装したり、隠ぺい工作しても、バレちゃえば受け取った金額の約95%を税務署に没収されちゃうんだから(~_~;)アセアセ

払うべきものは、払ったほうがいいよ! あとあと後悔しないためにもね!