【注意】相続で受け継ぐ財産には現金や不動産の他、住宅ローンや借金も含まれるぜ!




あなたの親もしくはパートナーが亡くなった場合、残された財産は、遺言書があればその記述に従って分配されるけど、遺言書がなければ法定相続分に従って、あなたを含めた相続人に等しく分配されることになるよ!

でね、相続人に分配される財産なんだけど・・・ 通常、「財産」といえば、現金とか預貯金とか土地・建物や自動車という価値のあるものばかりを連想しちゃうと思うんだけどね?

ところが、相続財産については、価値のある財産ばかりじゃないんだよ・・・(;´Д`)ガビーン!

親もしくはパートナーがあなたに黙って作った借金や友人の連帯保証人の他、家賃や未払税金・住宅ローン・会社の負債・医療費など返済義務のある債務も相続財産として含まれるんだぜ(;´Д`)ショック!

なので、相続によって財産を受け継ぐことができる権利があるからといって一概に嬉しがってる場合じゃないっ。。。んだよね!

返済義務のある財産について、住宅ローンや医療費・未払税金などのように、目に見えて、把握できる範囲内であれば対処もしやすいと思いますが、相談もせず内緒で多額の借金をしていたり、友人の連帯保証人になっていた場合は、もはやお手上げとしかいいようがないでしょうね(_ _;)アセアセ

どうします? あなたの親もしくはパートナーが、あなたに内緒で借金を作っていたり、友人や知人の連帯保証人になっていたら・・・

想像するだけでも身の毛のよだつ話ですよねぇ~ (TдT)コワイ! 

残念ながら・・・価値ある財産ばかり貰うことは出来ないんだよ(;´Д`)ショック

ここまで、記事を読み進めてきて「おやっ もしかすれば、現金や土地・建物だけ貰う方法があるかもしれない??」なんて思いませんでした?

フムフム・・ウンウン・・・そうですね、借金とか連帯保証人とか払いたくないですよね? (TдT)ワカルワ!

でもね、残念ながら現金とか土地・建物などの価値のある財産ばかりを貰うことは出来ないんだよ・・・

あなたが、借金とか連帯保証人になりたくないというのであれば『相続放棄』の手続きをして財産を貰わない選択肢を選ぶしかないの(;´Д`)ガビーン

嫌ですよね、ショックですよね? でもね、今更、亡くなった親やパートナーに毒づいても何も始まらないじゃない(´Д⊂グスン

ここは、ひとつ、最初から、何もなかったと思って諦めることですね。。。。

追伸:借金を相続したくないあなたがとる選択肢には、さきほど書いた財産の一切の権利を放棄する『相続放棄』の他に、借金を返済して余った財産を取得することができる『限定承認』という制度があるよ!

でもね、限定承認の制度を活用するにはリスクが伴うんだよね? 

何故なら、相続放棄の期限は、相続開始から3ヶ月以内と決まっているんだよ、その間に、親もしくはパートナーが、あなたに隠れて作った借金の額や連帯保証人になった時の負債の額がどの程度あるのかを調べるのは困難を極めることがほとんど!

『限定承認』を選んだ結果、借金のほうが多かったなんて相続人は意外に多いんだよね(;´Д`)アセアセ

なので、あなたの親もしくはパートナーの財産を相続する予定なら、生前から借金に目を光らせておく必要があるかも。。。。!

「あ~、相続って、なんて面倒くさいんだろ」って思った、そこのあなた!

そうなんです、相続ってね、ものすごく面倒くさいんです。

人様の財産を相続によって貰うってことは、意外に大変なことなんだよ! 

安易に考えるほうが変なんだよね!

この記事を読んだあなたも、今はそう思うでしょ?

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ