あなたの財産を子ではなく孫やひ孫に相続させる方法はある!ただ、その代償として・・・




息子や娘と仲が悪い、甲斐性のない息子は毎日パチンコ三昧、娘は男に貢いでばかり・・・などなど、家族の数だけいろんなドラマがあるのが人生でしょうか・・・

「事実は小説よりも奇なり」とは、よくいったもので親子間の不仲事情は、何処の家庭でも見られるようです。

親子喧嘩の末、娘が口を聞いてくれないなんてことは、もはや、当たり前のご時世なんですよ・・・

昔と違って、年長者を敬うなんてこと、誰もしなくなってますし(_ _;)アセアセ

子供達にとって、親の存在は、都合の良い「キャッシュカード」でしかなくなってしまったようですね(ToT)エーン

顔を見せれば、お金をタカリ、「無い」といえば、口をすぼませ帰っていく(_ _;)ムムー

バカ○ロー・・・ 金、金、いう前に、「元気?体の調子はどう?最近痩せた、顔色悪いけど、ご飯ちゃんと食べてるの?」なんて気の利いた言葉のひとつやふたつ。。。かけること出来ねぇのか(# ゚Д゚)バッキャロー

成人して働いている子供達が、忙しいのは分かる!、大変なのも分かる!、余裕が無いのも分かる!。。。。

でもよぉ。。。 金目当てでしか実家に寄り付かないあんたらってさぁ どこか間違っていやしないかい(ToT)シクシク

年老いた親御さんの多くは、顔で笑って心で泣いている方が非常に多いと聞きます。

ハッ まさかっ この記事を読んでいる、あなたもそうなんですか? ご苦労が絶えませんね(_ _;)アセアセ

さて、そろそろ記事の本題に移るとしますか。。。

たしか・・・法律では、子供が親に代わって財産を相続できる権利を代襲相続といってたような気がする!

そうそう、代襲相続だよ 代襲相続!

本来ならば、あなたの財産は、あなたの息子や娘が優先して貰うことになるんだけど、不慮の事故であなたの息子や娘が亡くなってしまった場合、息子や娘に子供(あなたからすれば孫)がいれば、その子供が息子や娘に代わってあなたの財産を受け取ることができちゃう!

孫やひ孫が親の代わりに相続人になれるのは、親の死亡・廃除・欠格などの事情があった場合に限定される!

孫やひ孫が親に代わって、祖父の財産を貰う権利を代襲相続といい、代襲相続は血縁関係のある場合にのみ認められている!

ただし、代襲相続には条件があり、孫やひ孫の親が突然の事故や重い病気によって、祖父よりも先に亡くなっていることが前提となっているよ!

ちなみに。。。 自分の息子や娘に財産を譲りたくなければ、息子や娘に不運が訪れるのを辛抱強く祈るなんてことも・・・アリ・・かもしれません(ノ´▽`)ノ ⌒(不運)

それと、代襲相続の権利って、相続人の死亡以外にも、相続財産を隠したり、騙し取ろうと不正行為を働いた相続欠格者の子供や遺言書によって相続廃除された者の子供にもあるので、該当する者がいれば、財産を分け与えることができる!

ただし、相続人自らが財産を貰うことを放棄する「相続放棄」の申請していた場合、相続放棄を申請した相続人の子供や孫には、残念ながら代襲相続の権利は認められない(汗)

なので、相続人が相続放棄の手続きを行なうさいは、相続人自身とその子供のことをよく考え、結果を焦らずに慎重に答えを出すことが大切だよ!

まぁ、あなたの息子や娘が『相続放棄』してた場合でも、遺言書を作成して「○○の財産については孫(もしくはひ孫)の○○に譲る」と記しておくか、生前贈与の手続きを行なうなど、相続以外の手段で財産を譲ることはできるんだけどさっ(汗)

えっ・・・だったら、はやく教えろって?  (-.-;)メンゴ。。。

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ