相続のさい、何十年も音信不通の兄弟や配偶者の相続権は失踪宣告によって取り除くことができる!




もの凄く物騒なタイトルになっちゃいましたが、法律上、生死の確認が出来ない行方不明者にも、財産を相続する権利があるだよ!

本来ならば、何十年も連絡の取れないお兄ちゃんが受け取る予定の財産を、あなたが勝手に使うことは、残念ながら出来ません(_ _;)アセアセ

通常、相続人に連絡の取れない行方不明者がいる場合、家庭裁判所へ『失踪宣告』の確定を受ける手続きを行なう必要が出てくる!

この失踪宣告には、①:長期間にわたる失踪状況が続いて場合に行なう「普通宣告」と②:一定期間以上生死の確認が出来なかった場合に行なう「特別宣告」の2種類があるけど、相続では普通宣告の手続きを行なうケースが多いようです!

「普通宣告」と「特別宣告」の違いについては、下記に例を紹介するね!

普通宣告とは、あなたの兄弟や両親が手紙を残して居なくなったり、旅行にいくと言って帰って来なかったりして、約7年以上も音信不通の状態が続いているなどの場合に家庭裁判所に出向き「普通宣告」の手続きを行ないます!

特別宣告とは、あなたの兄弟や両親が搭乗した飛行機が墜落したり、乗船した船が沈没した、もしくは地震・津波・洪水・雪崩・噴火など稀有の自然災害に巻き込まれるなど、未曾有の危機に遭遇した日から1年以上経っても生死の確認ができない場合に家庭裁判所に出向き「特別宣告」の手続きを行います。

つまり、相続人の意思で家族の元から去り、長い間、音信不通の場合は「普通宣告」、相続人の意志に関係なく外部からの危機により生死の確認が取れない場合は「特別宣告」と区別するとよいでしょう!

この違いって分かるよね? 

えっ 意味不明だって?

そうかなぁ。。。 これでも、あなたに伝わるよう、熱意を込めて書いてるんだけど(ToT)グスン!

なに?なに? 読めない漢字が多いって? 

(-.-;)ゴメン! それぐらい、辞書で調べろよっ たくっ 

失踪宣告が確定した時点で、行方不明者の相続財産は残りの相続人に等しく分配される!

先ほど書いた「普通宣告」や「特別宣告」も、家庭裁判所が行方不明者の失踪を認め、確定手続きを行ない、失踪宣告が確定した時点で、行方不明者は戸籍上では、死亡したものとみなされるよ!

なので、本来ならば行方不明者が受け取る予定だった財産は、他の相続人に等しく分けられることになります!

なお、家庭裁判所が発行した「裁判の決定正本」を10日以内に役場に届け出ないと、失踪宣告は無効となるので注意しな!

追伸:なかには家庭裁判所での失踪宣告が確定して、何年後かに行方不明者が生きていることが判明することもあるんだよ!

そんなときは、家庭裁判所に「失踪宣告」の取り消しを求めることで、「死亡の事実を取り消すことができる」ってことも頭の片隅に入れといてね!

あなたにだって「もしかすれば・・・」なんてことが起きるかもしれないでしょ(-.-;)アワワッ

残念ながら「失踪宣告」が認められないケースもあるんだよ!

あなた本人と兄弟や両親は、何十年も音信不通なんだけれども、友人や知人の口コミ情報で、生きていることは分かっているなんてケースの場合、残念ながら、家庭裁判所に失踪宣告の手続きをしても、認められることはありません!

失踪宣告って、行方不明者に対して、戸籍上「死人」として扱う手続きなので、家庭裁判所の裁判員も慎重に対応すんだよ!

行方不明者が生きていると確認できる情報があるのに、裁判員が間違えて「失踪宣告」の宣言をした結果、怒り狂った家族から名誉毀損の訴えを起こされたら、その裁判員もたまったもんじゃないでしょ?

なので、生きていると確認できる情報が確認できた時点で、裁判員が「失踪宣告」を認可する可能性はなくなるってこと!

まぁ、「行方不明だけれども、生きているのは確認できる」ってケースでは、家庭裁判所に『不在者財産受取人の選任」の申し立てをして、相続人もしくは外部の人を「財産受取人」として選任し、遺産分割協議を進めていくことになるよ!

「財産を相続する手続きだけでも面倒くさいのに、行方不明者の『失踪宣告』とか『不在者財産受取人の選任』とか、なに、意味分かんねぇよ」って、考えてるあなた!

そう、あなただよ!

悪いこと云わない、相続手続き、遺言書の作成、相続後の持参の処理等など、面倒な事務処理は全て、プロの法律家に、任せなさい! 

どうせ、グチグチ云うばかりで、何もしないんでしょ・・・ 

えっ お前に云われたくないって そりゃ、スミマセン 

口が出すぎましたワ(-.-;)ゴメンナス!

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ