あなたが親の遺産を受け取りたくなければ、遺留分放棄の手続きがおすすめ!




亡くなった親の遺産を貰う予定がない、もしくは、遺産を受けとりたくない。。。などの場合、相続開始から3ヶ月以内であれば、家庭裁判所に「相続放棄」を申し出て、審査の結果、相続放棄が認められたら、相続権が消滅するよ!

けれども、相続が始まって3ヶ月が経っても「相続放棄」の手続きをしなければ、自動的に財産を相続するものとして、強制的に財産を相続することが決まっちゃうんだ(~_~;)ムムー

でもね、相続人である、あなたが受け取った財産について、他の相続人が「遺留分減殺請求」の権利を行使して「お前の金よこせ! 金よこせ! コラッ」とイチャモンつけてきた場合だと、あなたが「遺留分放棄」の手続きをすれば、財産を手放すことになるんだよ!

つまり、あなたが親の遺産を貰う気がなければ「遺留分放棄」という手段を使うことで、財産を受け取らないという選択肢を選ぶことも可能!

財産を受け取らない方法として「相続放棄」の他に、「遺留分放棄」という選択肢がある!

例えば、年老いたあなたの母親の介護を懸命にした『孫』に全財産を遺贈したケースでは、母親の死後、相続人であるあなたも『孫』が遺産を貰うことに賛成していたときは、あなたが遺留分放棄の手続きををすることで、母親の遺産は全て『孫』が受け継ぐことになるよ!

その際、あなたが取るべき行動は「遺留分減殺請求権の放棄」の手続きを行うだけで良いんだ!

ちなみに、「遺留分減殺請求の放棄」は相続が始まる前でも手続きができる!

遺留分減殺請求の放棄は家庭裁判所の許可を受けること

「親の財産を受けとりたくない」とか「他の相続人や親が指定した人が財産を貰うことについて賛成している」などの場合、遺留分減殺請求権の放棄をすることになるんだけど。。。

その手続きって、家庭裁判所で申し出て、遺留分放棄の許可を受ける必要があるよ!

黙っていても時期が来れば自動的に、遺留分減殺請求の放棄される。。。なんてことはありませんから(_ _;)アセアセ

でもさっ~。。。ほとんどの人は、お金は無いより、あったほうが良いと考えるだろうけど、あなたは別格なのかもしれないね!

なにか、特別な事情でもあるのかな? まぁ、聞いたところで、わたしがドウ。。コウ。。。できる問題じゃないか(~_~;)ムムー

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ