遺産相続で遺留分のトラブルに防止するには、財産の扱いについて一定のルールを作っておくこと!




あなたの死後、配偶子と子供が財産を巡り、遺留分トラブルに巻き込まれるのを防ぐのに最も適した方法として、

①:遺言書に国やNPOといった特定の団体に全額寄付すると書いておくか、

もしくは

②:生きてるうちに全ての財産を使い切る。。。といった方法は如何でしょう?

えっ 「寄付する団体がいない?」「コツコツ貯めたお金をどう使えばよいか分からない?」。。。(_ _;)アセアセ

まぁ、そういう意見もあるよね・・・

いっそ、オレオレ詐欺や還付金詐欺、今流行のマイナンバーカード詐欺が、自分の身にも起きてくれれば、パートナーや子供等が相続で揉めなくても済むんじゃないか(´Д⊂グスン

確かに、自分の死後、財産を巡って身内同士が争うより、他人に騙されてお金を取られたほうがマシかも(_ _;)ムムー

ただし、あなたの都合に合わせて詐欺集団が近寄ってくるとは限りませんけどね(~_~;)。。。

遺言書に特定の人に財産を譲ると書く場合、遺留分の扱いも書いておくこと!

あなたが財産の一部もしくは全部の扱いについて「わたしの死後、残した財産の権利は、愛人の○○にあげちゃうぞ!ウフッ」と遺言書に書いたとします。

当然、遺言書に書かれた内容は、民法で定めた法定相続分より優先されるので、そのままでは遺言書の内容に従い、全ての財産は愛人の○○が引き継いでしまいます(~_~;)アセアセ

ただ、遺言書の内容を知ったあなたのパートナーや子供は、錯乱状態で怒り狂い、愛人の○○のところへ押しかけ「この泥棒ネコめ、やいっ、遺留分を侵害された分をよこせや!コラッ 金よこせ、全部くれ、カネだ、カネ!」などと、あなたの財産権を巡り、愛人の○○と法廷でで争うことも考えられる!

ちなみに、遺留分とは、法定相続人である、あなたのパートナーや子供達が、上記のようなケースに陥ったときでも、最低限貰える財産のことだよ!

でね、あなたが「愛人の○○に全財産を譲る」などと、法で定めた法定相続分の分配率を無視して財産を分けた場合、非常に高い確率で、相続人であるパートナーや子供達はブチ切れると思うんだよ!

そこで、あなたのパートナーや子供達が”ブチ切れない”ためには、次に紹介する方法を試してみると良いよ!

イ:遺言書に「遺留分を侵害しない」範囲での財産分与と明記しておく!

これは、非常に簡単かつ揉め事に発展しない可能性が50%くらいある方法だね(~_~;)ムムー、つまり、あなたが「愛人の○○に譲る財産は、遺留分を侵害しない範囲に留める」と少々文章を書き換えるだけでOK!

あなたとしては、全財産を愛人の○○に譲りたいと考えているかもしれないけど。。。

でもね。。。それだとパートナーと子供達VS愛人の○○という紛争が始まってしまう可能性が150%ぐらいある(_ _;)マジカー。。。。 

なので、最善策としてパートナーと子供達には最低限の財産を相続できる遺留分について、遺言書に明記しておけば良いんだ!

なにぃ。。。 パートナーと子供達には1円も渡したくないだとぉぉぉ(-.-;)ガビーーン

失礼ですが。。。 あなたとパートナーとの間に何があったの? そんな深い溝ができるほど憎しみ合ってるの?

そうであれば、パートナーと離婚して、子供達には相続放棄して貰うという方法もあるけれど。。。

ロ:パートナーや子供達に、「死後の財産は愛人の○○に譲る」ということを話し、遺留分を放棄してもらう!

愛人の○○に全ての財産を譲るために、もっとも確実な方法として、パートナーや子供達に遺留分を放棄してもらうことです!

この方法だと、あなたが死んだあと、パートナーや子供達VS愛人の○○という紛争は起きないでしょう(;・∀・)タブンネ!

ただ、あなたのパートナーや子供達が「遺留分を放棄する?」「遺留分を放棄しない?」については、時間をかけて説得しなければいけないかもしれませんね(_ _;)アセアセ

それと、「遺留分の放棄」は家庭裁判所に申請して許可を貰う必要があるよ!

ちなみに、家庭裁判所では、遺留分放棄がパートナーや子供達の意志によるものなのか?放棄の必要性・合理性を審査したり、放棄した場合の見返りなどを考慮して「許可」「不許可」の判断を行います!

う~~~ん(;・∀・)

かなり、遺留分放棄って、簡単なようで相続人の意志が反映されるので、意外に面倒くさいんだよね!

パートナーや子供達を説得したと思っても、いざ家庭裁判所で事情徴収を受けると考えが変わり「やっぱり、遺留分放棄するのやめた」なんてケースはよくあるようだし(;´Д`)イヤァ。。。

やはり、もっとも良い方法はオ○オ○詐欺に引っかかって全財産失ってしまうか、もしくはギャンブルに狂って財産を使う込んでしまうか・・・

いずれにせよ、自分が死後、パートナーや子供達。。。 愛人。。。 などが、財産の権利を巡り揉め事を起こすのはヤメてほしいもんだ(;´Д`)カネ・・

「そのカネ、わたしが汗水垂らして稼いだカネだよ! あんたらの作った借金返済に使うお金じゃないからね。。。」 なんて思いませんか?

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ