相続で遺言書のない遺産分割の場合、相続人が多いと手続きがマジでめんどい(汗)




突然ですが・・・・ この記事にたどり着いたあなた。

そう、あなたです。

あなたは「楽してお金を手に入れたい人」ですか?

それとも「コツコツと目標金額までお金を貯める人」ですか?

質問に意図はないんだけど。。。 

でも、選択した回答によって、今後、あなたが経験するであろう、遺産分割の受け止め方が違ってくるんだよ(;´Д`)ダヨネー

それと、遺産分割はひとりだと必要のない手続きだよ(;´Д`)アセアセ!

えっ 「知ってる?」って? (゜o゜;、ガビーーン

遺産分割はね、相続人が複数いるさい、親もしくはパートナーの財産を分けるときに行なう手続きなんだけど。。。

あ~~~っ ここまでの話は分かるよね?

えっ 「いいから、さっさと説明しろ(ー_ー;)イライラ」・・・ って? 

すっ スミマセン・・・(´Д⊂グスン そんなに怒らなくても(泣)

でね、遺産分割の方法なんだけど、大きく3つに分けることができるんだよ!

ひとつ目は、亡くなった親もしくはパートナーが遺言書を残している場合はそれに従う!

ふたつ目は、遺言書が残ってないため、あなたを含めた相続人が話し合いの末、分割方法を決定する!

みっつ目は、遺言書もなく、相続人同士の話し合いが全くまとまらない場合は、裁判員に調停や審判を申し立てを行い第三者の協力によって財産を分割方法を決定する!

でね、でね、一番楽な遺産分割方法といえば、もちろん、親もしくはパートナーが遺言書が残してある場合!

だって、相続人が話し合う必要はないので、カオも見たくない親族がいても「そんなの関係ねー」って無視とかできちゃう(´д`)ガッキー

まぁ、運悪く。。。この記事にたどり着いた、あなたは、遺言書以外の遺産分割方法を探しているんだろうけど(汗)

とってもおすすめ:遺言書による遺産分割の指定!

あなたの親もしくはパートナーが『遺言書』に財産の分割方法を指定していたら超ラッキーだよ! 

だって、そうでしょ? あなたが何も考えなくても、故人の財産が右から左へスライドしてくるんだから(_ _;)フムフム!

ただ、遺言書に従って財産を分割したときに、法で定めた基準(法定相続分)以下の財産しか貰えない相続人が出てくることが、たまーにあるんだ!

そういうときって「コラッ、テメエだけ財産沢山貰ってんじゃねぇよ! よこせ、そのカネよこせ ぶっ飛○すぞ(`´)ムカー」なんて言いたくなくと思うんだけど。。。。

遺言書に書いてある財産分割方法は、他の分割方法よりも優先する」なんて不本意な決め事のせいで、他の相続人に「クレ、金くれ」って大声あげて言えないんです(汗)

ただ、例外はある。。。

あくまで例外だけど。。。。

たとえば、本来、貰える財産の額よりも著しく少ない場合(遺留分の侵害)などは、他の法定相続人に対し、取り戻しの請求(遺留分減殺請求)を行なうことができる!

まぁ、「遺留分減殺請求」って、運的な要素も含んでいるので、少ないと感じたら取り敢えず請求しておくといいですよ!

ほら、ことわざにも「当たるも八卦当たらぬも八卦」ってあるでしょ( Д ) ゚ ゚

相続人が多いほど話の先が見えない遺産分割協議での分割の指定!

親もしくはパートナーが遺言書を作ってなかったり、遺言書に財産の分割方法について指定がない場合などは、相続人同士で話し合いをもち、財産の分割方法を決定することになるよ!

ただ、相続人同士の話し合いって、結構面倒くさい作業をしなくちゃいけなくなる(~_~;)メンドー 

基本的には、①:相続人全員の参加、②:相続人全員の同意を得ることが必要なんだけど。。。。

①:相続人全員の参加について、他県もしくは海外に住んでいる相続人などは、手紙やメールもしくはテレビ電話などでの参加でも良しとされている!

ところが②:相続人全員の同意については、自筆の署名および印鑑証明書の提出など細かい注文があるので、なかなか思うように揃わないことが多いのが実情。。。。(汗)

まぁ、利点としては、相続人全員の同意を得ることが出来れば、親もしくはパートナーが残した遺言書の内容と違った財産分割や、法定相続分の分割方法を無視した財産分割を行なうことが可能となる点が、唯一評価できるってところでかな(_ _;)ムムー

相続人同士での遺産分割協議がまとまらないときは、裁判員に任せてみよう!

遺言書による財産の指定がなく、且つ、相続人同士での遺産分割協議でも話し合いがまとまらない場合、究極の解決策として家庭裁判所の裁判員に判断を任せるって方法がある(_ _;)サイアク

ちなみに、家庭裁判所の裁判員は法定相続分に従って、財産を分けていくんだけど、そのさい「相続人の○○のほうが多いのは不公平だ」「わたしの取り分が少なすぎるから分割をやり直しなさいよ」なんて不満を垂らしても、聞く耳を持たないからね(_ _;)アセアセ!

裁判員からすれば「あなた方、相続人が、話し合いで財産を分割しきれないから、代わりに財産を分割したんだよ! 文句を垂らす前に、感謝しろ(`´)プンプン!」ってカンジだろうからね。。。。

どうでした? 遺言書以外の方法は、とても面倒くさい手続きが多い、相続人同士での遺産分割協議をしなければならないし、それでも話し合いがまとまらなければ、家庭裁判所の裁判員にお願いして分割方法を指定してもらうしかない(~_~;)ムムー

やっぱり、遺言書って大切なんですよ! 

なので、あなたの親もしくはパートナーが元気であれば遺言書・・・・ 作ってもらうことだよ!

えっ 作る人がこの世の居ないから困っているって。。。。

そりゃ・・・ 失礼しました(´Д⊂テン・テン・テン

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ