ヒト科の生物は、社会での集団生活に慣れているためか、常に周囲の目にとても敏感である!

たとえば、いちばん身近な社会集団である家族の中にいる、夫という生き物をモニタリングしてみると、家の外では、仕事で会社の上司や部下、営業先のお客様の目を気にし、家の中では、妻や子供等の目を気にして、毎日を過ごしている!

運悪くこの記事にたどり着いたあなたが、男性で結婚していて妻子ある人かどうかは知りませんが・・・・

家族の中に入れば十中八九、周囲の目を気にして生活するようになる。。。。かもしれない(;´Д`)タブンェ

えっ 「そんなの嫌だって!」・・・・ ( ̄□ ̄;)!!

なら、結婚は諦めるか? 既婚者であれば・・・・今後の生活を改める必要があるよ!

じゃなければ、悟りを開いて、周囲の目を気にするのをヤメれば良い(´д⊂)‥ハゥ

いつもの如くタイトルと内容がズレちゃったけど(_ _;)メンゴ

周囲の目を気にする限り、あなたは死んだ後の自分の評価も気にするようになる!

だってそうじゃない?

この記事のタイトルを見て、ついつい記事を読み進めているってことはだよ・・・・

妻や子供等に「ありがとう」って感謝されたいんだろ? 

それって、妻と子供達の目を気にしてるってことでしょ。。。。-(T_T)→ グサッ!!!

だから・・・・ 繰り返しになるけど、周囲の目を気にしたくなければ「生活を改める」か、もしくは「悟りを開く」しかないよ!

えっ? 「どっちも無理だって?」

L(・o・)」 オーマイガ

なら、妻や子供達の為に、黙々と遺言書を書くことだね! 

きっと、あなたの死後・・・・「あ○た、お○さん、遺言書を残してくれてありがとう! 」と感謝されること間違いなし!

まぁ、あなたの妻や子供達がどんな気持ちで感謝するのかは、分かりませんが・・・・

とりあえず、感謝はされるでしょうね!

えっ「皮肉っぽい文章だね?」って(´д⊂)‥ハゥ

分かる? やっぱり? だよね~ だって、皮肉たっぷりで書いてんだもんΣ(・口・)

わたしだったら、妻や子供達に対し「くぉら、オマエラ、俺が死んでも財産は1円たりとも渡す気はないからな! このっ たかりババァにギャンブル狂いのバカ息子共・・・・

って、ひと言、ふた言・・・モノ申す・・・・・Σ(ロ゚ ノ)ノビクビクッ 

なんてことは・・・・出来ません[壁]-;)コワイヨー

あなたと同じように、わたしのとこも鬼嫁なので、ひと言モノ申したら、十倍返しが待ってます(汗)

ハッキリ言います! 世の中なんて理不尽なことだらけ(ToT)ヒドイッチャ

遺言書を作る条件はひとつのみ『15歳以上』であれば誰が書いても構わないよ!

遺言書って誰が書いても構わないんだよね! あっ 15歳の誕生日を迎えた日以降であればね!

少年ジャンプを呼んでる高校生」や「デリヘルやキャバ嬢に目がない大学生・・」「熟女世代が気になる社会人のお兄さん」だろうが、誰かのために遺言書を作りたくなった時点で、ペンと紙さえアレば遺言書を作ることは可能だよ!

でもね、書いた遺言書の内容に法的な拘束力があるかどうかは、家庭裁判所で検認手続きをしてみないと分からないんだ!

たとえば、「隣に住んでる村田さんの土地を、兄弟の○○に相続させる」って、どうみても遺言書を書いた本人の財産じゃないものを相続させるって書いてあった場合、家庭裁判所の裁判員としては認めることはできないよ(汗)

えっ?「そんなの当たり前じゃん」と思うだろうけど、遺言書に書かれた内容には、同じような文章をよく見かける!

なので、あなたも遺言書を書いたら、ある程度、時間をおいてから、2度~3度は読みなおすことだよ! 文章が繋がらないところが結構あるじょ!

でね、自分で書いた遺言書って、書き上げた途端、自己満足に浸ってしまい、確認もせずに後は放置しちゃうってケースがよくあるパターンなんだけど・・・・・

ダメだよ∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!

さっきも書いたけど、必ず時間をおいてから2度~3度、読み返して誤字や脱字を確認したり文章が変なところがあれば修正すること!

おっと、誤字、脱字、文章の修正をしたら終わりじゃないからね(_ _;)マダマダァ

ハッキリ申し上げると、あなたが法律の専門家でなければ、書いた遺言書を法のプロである弁護士や行政書士、税理士に、書き上げた遺言書の確認をしてもらうように!

遺言書には、書き順や形式などシロウト目線では分からない事が意外に多いんだよ! 

過去には、漢字の書き間違えが一文字あっただけで、遺言内容が無効になったケースもあるので、あなたも同じ轍を踏まないよう、遺言書の作成は慎重に行なうこと!

おまけにもう一つ:あなたが認知症を患っても遺言書は作ることができるよ!

いっとくけど、将来、あなたが認知症にならないという可能性は0%だからね!

年齢にもよるけど85歳を過ぎれば3分の1の確率で認知症を発症する可能性があるんだよ!

分かるでしょ? あなたも他人事ではない(;´Д`)ガーン

でね、万が一認知症を発症した場合でも、一応、遺言書の作成は可能!

ただ、かかりつけ医が、妻や子供達に対し「ヘイ、奥さん、子供さん、あなたの旦那、意識はモウロウとすることはあるけど、遺言書を書くことはできるよ! でもね、作ってる途中に眠ったりするから、そのときは耳元に息を吹きかけてあげてねウフッ」と注文をつけた場合に限る!

でね、でね、あなたが認知症だと判断された場合、あなたは「成年被後見人」とみなされ、遺言を作るさいの証人として、後見人の立ち会いが求められるよ!

まぁ、認知症の遺言内容を確実にするには、「かかりつけ医」の他にもう一人「医師」が立会人として必要となる!

(´д⊂)‥ハゥ 難しいかなぁ???

つまりだっ 、あなたが認知症を発症したら、程度にもよるけど遺言書の内容を有効にするために最低でも2人の医師を立会人として用意しなくてはいけないってこと!

えっ「面倒くさい」って ε- (´ー`*) フッ

分かってないなぁ。。。。 あなたが遺言書を作ろうが考えた時点で面倒くさい作業が始まるの!

遺言書ってのは、あなたの死後、家族が困らないように、(イ):誰に、(ロ):何を、(ハ):どのぐらい分ける。。。。のかについて、細かく決めておくためのものでしょ?

面倒くさいのは、当たり前じゃん! 自分のためじゃないんだから(;´Д`)オバカ?

えっ「やりたくない・・」 ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

まぁ・・・・ それは、あなたのご家庭の事情ですから、わたしにはなんとも云えませんが・・・・

コロされますよ・・・ 鬼嫁に・・・・・

あっ お迎えが近いんだっけ??

なら仕方ないね。。。。。

┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・