遺品整理:親の家を整理したり片付けるなら「こころの疲労」に注意しろ!




買い物からの帰りに転んで足首を骨折してしまった父が、介護施設に入ることになったり、病気療養中だった母が治療のかいもなく亡くなってしまっため、実家を整理したり、片付けたりしなければならなくなる・・・なんてことは誰にでも起きることじゃないかな?

40代・50代の頃とは違い、年老いた親の身体はね、手に届く範囲を片付けるだけでも大変な労力と時間を必要とすんだよ。

それを・・・・ 広い家の隅々まで片付けるなんて、そうそうできることじゃない!

それに、長年連れ添ってきたパートナーの死というのは、心にポッカリと大きな穴を開けちゃうもの(;´Д`)ムムム

若いころはキレイ好きで、家の中にはチリひとつ無かったという親でも、歳を重ね身体の自由が効かなくなると、面倒なことは、どうしても、後回しにしちゃうんだよ!

あなたが実家に帰るたび、見て見ぬふりができないほど、家の中が散らかっているのは、好きで散らかしているんじゃなくて、片付けたくても身体が動かないからなの(;´Д`)ホント!

まぁ、散らかり放題の光景を目の当たりしたあなたは、「なんで、片付けないの?」「どうしたら、ここまでひどくなるの?」「コレっ わたしが片付けないといけないの?」などと、途方に暮れるでしょうが・・・・・

仕方ありませんよ、歳ですから(;´Д`)ウンウン

これ以上ひどくなる前に、あなたがどうにかしなければいけないだろうね!

あなたが実家を片付けようと考えたのはどうして?

十人十色なんてことわざがあるけど、実家を片付ける理由も人それぞれあるんだよ!

ケース1:親が介護施設や老人ホームへ入居するため、今住んでる実家を売りに出したいと考えている

ケース2:父に先立たれひとり暮らしの母が、5LDKの実家を売り、1LDKのマンションに引っ越したいと考えている

ケース3:ひとりで暮らす母が心配なので長男夫婦が実家に同居しようと考え、不要品を処分しようと考えている

ケース4:父も母も元気なうちに、次男夫婦の家に呼んで同居することになり、要らなくなった家を処分しようと考えている

ケース5:昨年母が亡くなり、誰も住まなくなった実家を売却して、ギャンブルで作った借金返済の目処を付けたい

Sponsored Link
高価買取専門【スピード買取.jp】
www.speed-kaitori.jp/
実家の骨董品、満足価格で買い取ります

実家を片付けるということは、新居で新しい生活をするのとは異なり、親の生きてきた人生の棚卸し、つまり、過去を整理したり精算する意味合いが大きいんだよ!

自分の持ち物であれば、自由に捨てることができるけど、親の持ち物である以上、その都度、その都度、確認しながら片付けるしかないので、1・2の3で片付けが終わるなんてありえない(;´Д`)ムリムリ!

ハッキリというと、実家の片付けほど面倒なことはない、できることなら最初から最後まで業者任せで終りたいと考える人はホント多いんだよ、残念なことに(´Д⊂エーン

おっと、運悪くこの記事にたどり着いたあなたは、責任転嫁して、片付けの一切を業者任せにしちゃダメだよ!

でないと、両親との思い出さえも、あなたの記憶から全て失くなっちゃうからね(ToT)。。

実家の片付けってね、片付けているあなたの姿を見て親も心が折れそうになっているんだぜ!

実家を片付けた人のなかには、「ホント、しんどかった」「~どうして自分だけこんな目に合うのか」「ひとこといってくれたら、片付けたのに」・・・などの話を聞くことがあるんだけど、そんなの当たり前!

だって、親といえど、一緒に暮らしていなければ他人と同じなんだから(;´Д`)タニン

とくに、自分の家を片付けるのが苦手な人は、実家の片付けなんてもってのほかだろうね! 

少し片付けただけで怒り狂って、分別なんて面倒なことはせず、全部、粗大ごみとして捨てちゃうんじゃないかな・・・

あのね、実家を片付けるさい、怒りの感情が出てくるのは「母は、もっとしっかりしてた」「違う、こんなの父のしたことじゃない」なんて、親にたいし、過度の期待を持っていたり、自分の世界に入り込んじゃうからだよ(;´Д`)アララ

もっと、目の前の現実を直視しなよ、あなたの親は、弱り切っていて、自分で片付けたくても出来ないって現実をさぁ・・・

自分で片付けたいのに、それができない親も、あなた以上に辛いんだよ!

わかるかい? あなたが心が折れそうなっているときは、あなたの親も申し訳無さと自分が動けない不甲斐なさで、心が折れそうになってんだって(´д⊂)‥ハゥ

あなただけじゃ・・ないの!

「平日は仕事をして、土日に実家の片付ける・・・はぁ~ そんな生活がいつまで続くのだろう?」なんて考えるから、気分が滅入り、心や身体が病んでくるんだって

いいかい、実家の片付けってのは「やってダメなら、業者に任せよう!」・・・・・と、できる範囲で片付けすればいいんだよ!

最初から全部自分で背負い込もうとするから、片付けてる最中に気分が滅入ったりすんだからね。

なんかの本か雑誌で「親の家を片付けるのは、子どもとしての宿命だ、ふぇ、ふぇ、ふぇ」なんて、ふざけたこと書いてあったけど、全然、気にする必要はないからね!

実家の片付けは、自分のできる範囲で、無理をせず、手の届く範囲からでかまいません!

「あぁ~ もう駄目だ、片づけ嫌だ、諦めよう」と思ったら、プロの遺品整理業者に依頼すること!

無理しちゃダメ! どんなに親思いのあなたでも、出来ることと出来ないことがあるの。

自暴自棄になって途中で投げ出さないためには、片付けるさい、自分にできる範囲で、無理をせず、ひとつひとつ解決するんだよ!

わかった?

そう・・ この記事を読んでる、あなただよ!!

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ