遺品整理:実家の片付けにかかる時間は3LDKの一軒家の場合、1日8時間作業で約2週間が目安!




突然ですが、成人してから、自分から率先して実家を掃除したり、不要品の処分をすることってありましたか?

見出しから「問い」を投げかけたわたしですが、残念ながら、実家の片付けや掃除を自ら進んでやったことはなく、何らかの都合で実家に立ち寄るさい、片付けをしてる母の手伝いをしたり、お盆休みや大晦日に小遣いを貰う目的で掃除をしたぐらい(;´Д`)アセアセ

わたしの場合、超がつくほど面倒くさがり屋さんなので、自分の家を掃除するのもおっくうで、できればお手伝いさんを雇ってすべてお願いしたいぐらいですから(;´Д`)メンドイ

まぁ、お手伝いさん雇うカネがないので、タメ息をつきながら自分で片付けするんだけどさっ

あのね、もしも、あなたの親がなんらかの事情で天国へ旅立ってしまった場合、当然、実家の片付けをしなければいけないんだけど、片付けにかかる時間の目安として、3LDKの一軒家を2人で片付けるのであれば、1日8時間みっちり働いても約2週間ぐらいは覚悟しなさい!

ただし、約2週間というのは、あなたが毎日、片付け作業ができればの話なんだよ(;´Д`) 

実際には、仕事の都合上、週末の土日を使って片付け作業をする人が多数を占めているだろうね!

その場合、片付けを終えるまでの期間は、早くて半年、遅くて1年はかかると考える必要がある!

実際、親の家の片付けで一番苦労するのは、「何処になにが置いてあるのか把握できない」からではないかな?

片付けの目的が、親の預金通帳や保険証券および家の権利証などお金に直結するようなモノを探しているのであれば、見つからないことに対して、苛立ちも「MAXむらい」だろうね(;´Д`)ミツカラン

それに、金目のモノ以外にも、親との思い出が詰まったアルバムや形見や日記など、何を残して、何を処分するのかついて、仕分けをしなくては、いけないんだぜ(´д⊂)‥ハゥ

「はぁ、面倒くさいなぁ・・・・ 記事読んだら尚さらやる気なくちしちゃった。」と、気持ちが萎えてしまったあなた、悪いことは言わない、遺品整理のプロに一括して片付け作業を依頼してみるのも、ひとつの選択肢だよ!

親と一緒に片付け作業をするなら、親のペースに合わせること!

親が元気なうちに家の片付けを行なうのであれば、会話を通して仕分け作業を行なうので「何処になにがあるのか」と捜す手間が省け、片付け作業がはかどります。

実際、親が亡くなっているときに比べると、片付けに要する時間は、毎日片付ける場合だと約7日~10日、週末だけ利用する場合でも約3ヶ月ぐらいでは、目処が付く!

親と会話をしながら片付けをするさい、気をつけたいのが行動力言葉使い・・・・・

年老いた親って、口は悪いかもしれないけど、行動力も思考力もかなり衰えているので、若いあなたのペースに合わせることがとても難しんだよ!

ところが、親のなかには「子どもに、バカにされてたまるかっ」と変なこだわりを持つタイプもいる! 

こだわりを持つ親ってね、表面上は強気でいるけど、本心は「辛い」「キツイ」「泣きたい」と、弱気でいることのほうが多いの!

なので、若いあなたが親のペースに合わせて行動するようにすること!

いいですか、親はあなただけが頼りなんだよ、その気持ちを踏みにじったりしちゃダメ!

わかった? 

それと、もう一つは言葉使い・・・・・

あなたは、ゆっくりと行動する親に対して「早く、早く、時間がない」「いいよ、もう、ノロマ」「バッカじゃないの、ぼけ」などと、暴言を吐いたことはないですか?

あのね、親だって精一杯、行動しているんだよ! 本気で行動して、あなたの10分の1ぐらいしか出来ないんだって!

まさに、生後2~3ヶ月の赤ちゃんとおんなじなんだよ! 

親からすれば、「以前のように動きたくても、思うように身体が動けない!」「情けない、子どもにあんなこと言われるぐらいなら、死んだほうがいい」「辛い、生きてるのが辛い、はぁ、辛い」・・・・・・

などと、あなたが暴言を吐くたびに、親の心は疲弊し、どんどん弱っていくんだからね!

ヤメなよ、目の前にいる親父やおふくろは、あなたが知っている強くて大きな人間じゃないんだよ!

弱くて、誰かに頼りたい、でも心から頼ることが出来ない・・・ そんな頑固な人間が、あなたの親なの!

時間がないからといって、親を急かしたり、責め立てることは絶対にやっちゃダメだからね!

それと・・・・・ たとえ片付けにかける時間が限られている場合でも、親子で話をする時間は作ること! 

そのさい、急かしたり、責め立てることは絶対にダメ! 

時間がないのは、親も同じなんだよ、あと何ヶ月・何年生きるかわからない、もしかしたら明日死んでしまうかもしれない!

あなたは、仕事や生活に追われ、毎日が忙しいとボヤくかもしれないけど、親にとってはあと何日生きられるのかさえ分からず、孤独や死の恐怖と闘いながら毎日を過ごしてんだって!

あなたが言い放つ、無理難題にも、出来ると信じて挑戦するおバカな親に感謝しないといけないぞ!

あらためて考えてみなよ、年老いた親の家を一緒に片付けることって、親と過ごせる最期の時間だと気づくはず!

それに、親と一緒に実家を片付けることで、いて当たり前だと思っていた親の人生を知る最期のチャンスかも知れないし、あなたが知らない親の素性を垣間見ることが出来るかもしれないじゃん!

あなたは、運悪くこの記事を読んじゃったんだから、実家を片付けることに対し、「こんな機会、もう2度と来ないかもしれない」と、前向きな考えかたで親との時間を過ごすように心がけること!

絶対に・・・

    
Sponsored Link
小さなお葬式

「そっかぁφ(..)メモメモ」と記事内容に共感したアナタ、ポチッとよろしく!


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ